ローコードツールの「appsmith」を使ってSalesforce と連携したアプリを作成する:CData Connect Cloud

菅原和義
2023年02月28日

こんにちは。Product Specialist の菅原です。

この記事ではローコードツールの「appsmith」を使ってCData Connect Cloud を接続してSalesforce のデータを連携してみようと思います。

ローコードツール「appsmith」とは

ローコードツール「appsmith」とはオープンソースのローコード開発者ツールです。
ドラッグ&ドロップなどのマウス操作でアプリを作成することができます。

https://www.appsmith.com/

事前準備

・CData Connect Cloud でSalesforce の接続設定を行う

・CData Connect Cloud のTDS エンドポイントを確認する

・CData Connect Cloud のPAT(アクセストークン)を作成する



【Salesforce の接続設定】

[Connections]タブを開き、[Add Connection]ボタンをクリックして、[Salesforce]を選択します。

必要な情報を入力し、「Sign in」をクリックしてブラウザにて認証を行います。その後、[Create & Test]ボタンをクリックします。

【CData Connect Cloud のTDS エンドポイントの確認】

次にCData Connect Cloud のTDS エンドポイントを確認します。
[Client Tools]タブを開き、[View Endpoints]をクリックします。

今回はSQL Server のTDS エンドポイントを使用するため、下記の情報をメモしておきます。

【CData Connect Cloud のPAT(アクセストークン)を作成】

CData Connect Cloud の画面右上のログインアドレスから[Settings]をクリックします。

[Settings]画面の[Access Tokens]タブを選択して、[Create PAT]をクリックします。

Nameに任意の名称を設定して、[Create]をクリックします。

[access token]の値をメモしておきます。

【「appsmith」のDatasources 設定】

それでは「appsmith」の画面でCData Connect Cloud の接続設定をしていきましょう。
画面の左側にある[Datasources]の[+]をクリックします。

「appsmith」から接続できるデータソースが表示されるので、[Microsoft SQL Server]を選択します。

CData Connect Cloud のTDS エンドポイント、接続ユーザー、PAT(アクセストークン)を設定して、「TEST」をクリックして接続確認を行います。
正常に接続できたら「SAVE」をクリックして保存します。

次にSQL(クエリ)を追加します。

[NEW QUERY]をクリックします。

今回は検索のため[Select]をクリックします。

このSQL(クエリ)を指定する際にはCData Connect Cloud の機能の「Data Explorer」を使用することで、事前に取得したいデータが確認できます。

「appsmith」画面に戻り、SQL(クエリ)を記入して、「RUN」をクリックします。

無事にデータが取得できたので、あとは該当の[Page]に取得した[Table]を表示させるようにします。

画面右の[Table]をクリックします。

これで「appsmith」を使用してCData Connect Cloud を連携してSalesforce のデータを取得することができました。

おわりに

この記事ではローコードツールの「appsmith」を使ってCData Connect Cloud を接続してSalesforce のデータを連携しました。

「appsmith」はドラッグ&ドロップで簡単に操作できるので、是非皆さんも「appsmith」でアプリ作成を試してみてください。

もちろんSalesforce 以外のデータソースも同様に連携可能です。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。