Exchange SSIS Components

SSIS Data Flow Source & Destination for Microsoft Exchange

SSIS ソース元 & 接続先コンポーネントは、SQL Server SSIS のワークフロー内で簡単にMicrosoft Exchange に接続できるパワフルなツールです。

データフロー内のMicrosoft Exchange コンポーネントを使ってExchange のメッセージ、フォルダ、カレンダー、etc. を同期できます。データ同期、ローカルバックアップ、ワークフローの自動化などに最適!

  ダウンロード   注文

    Microsoft Exchange ソース
 本製品はSSIS Subscriptions に含まれます: 100+ SSIS Dataflow Components!

ライブ Microsoft Exchange Data とSQL Server を同期する

SSIS Workflow とCData のDeata Flow Task を活用して、 ライブMicrosoft Exchange を簡単にETL プロジェクトに接続しましょう。 Exchange SSIS Components を使って、ネイティブSSIS Source とDestination コンポーネント経由でMicrosoft Exchange とデータを接続および同期ができます。

Exchange SSIS Components の利用:

  • SQL Server とMicrosoft Exchange を同期 してシームレスにバックオフィスを統合。
  • 統合プロセスの自動化 マスインポート / アップデート、データクレンジングや重複排除。
  • オペレーションシステムからオフロードクエリ によりロード削減やパフォーマンスを向上。
  • アナリティクスにMicrosoft Exchange を接続 してBI やデシジョンサポートを実現。
  • ビジネスデータのアーカイブ による災害復旧での利用。

シンプルなSQL Server 統合

CData のData Flow Tasks を使って、SQL Server とMicrosoft Exchange を高価なカスタム統合やアプリケーション開発なしで接続できます。

  • SQL Server Integration Services およびExchange SSIS Components を使って、簡単にSQL Server とMicrosoft Exchange データを接続し同期できます。
  • CRUD (作成(Create)、読み出し(Read)、更新(Update)、削除(Delete))をフルサポート。
  • シンプルな統合、カスタム開発不要!
 
 
ダウンロード