for MuleSoft

標準SQL 準拠のMuleSoft Money Forward Expense コネクタ

Money Forward Expense 連携をデータ処理のデファクトであるSQL 言語で実装可能に。 Money Forward Expense Connector for MuleSoft を使って、複雑なデータ連携・データ処理を単一の仮想レイヤーによりシンプルに。

  • Write SQL, get Money Forward Expense。RDB へのアクセスと同感覚で Money Forward Expense へのアクセスを実現。
  • ダイナミッククエリ、ストリーミング、バルクオペレーション、メタデータ検出、クエリフォールディングなど多様な機能。

  ダウンロード   購入



Money Forward Expense データに標準SQL でアクセス

RDB と同感覚でMoney Forward Expense に連携



Money Forward Expense

は、MuleSoft workflow でMoney Forward Expense data にアクセスする最適な方法です。 コネクタはMuleSoft Database Connector と同じように直観的に操作可能。Money Forward Expense データのインポート、エクスポート、バックアップ、分析、変換などの連携オペレーションを驚くほど簡単に。


MuleSoft 統合コネクタ



Money Forward Expense Connector for MuleSoft に最適化されたコネクタ製品で、MuleSoft Anypoint Designer にシームレスに統合されます。 DataSense 経由でのダイナミックインプットオペレーション、プロジェクション、ストリーミング、バルクなどの複雑なオペレーションにも対応します。


				
				
					#["SELECT * FROM $(vars.table) WHERE name = :name"]
					
						#[{'name' : payload}]
					
				

Type SQL, Get Money Forward Expense



RDB と同じように標準SQL を書くだけでMoney Forward Expense データを扱うことができます。JOIN、UPDATE、集計など多様なSQL をサポート。

SELECT WITH INNER JOIN

SELECT Reports.Id, Reports.Name, Reports.Fax,
  Opportunity.AccountId, Opportunity.CloseDate
FROM Reports
INNER JOIN Opportunity
  ON Reports.Id = Opportunity.AccountId

AGGREGATE FUNCTIONS

SELECT Name, AVG(AnnualRevenue) FROM Reports GROUP BY Name

CRUD OPERATIONS

UPDATE Reports SET Name='John' WHERE Id = @myId

Key Features

機能概要


  • データ駆動なオペレーション(SQL アクセス)

    CData Connectors for MuleSoft は、Mule 4 Anypoint Connector for Database と同感覚で使えます。 コネクタはMuleSoft DataWeave と通信し、MuleSoft workflow に動的なデータアクセスを実現しています。

  • ダイナミッククエリ

    ユーザーはコネクタに渡されるクエリのあらゆる部分をパラメータ化することができます。つまりWHERE 句の使用やクエリ自体をパラメータ化することも可能です。

  • ストリーミング・バルクオペレーション

    コネクタはデフォルトでデータストリーミングおよびバルクオペレーションをサポートしており、大容量データの高速かつ効率的なハンドリングを可能にします。 ページング、読み書き双方でのバルクおよびバッチオペレーションが可能です。

  • クエリフォールディング

    インテリジェントなクエリフォールディングによりパフォーマンスをさらに向上。コネクタはできる限りサーバーサイドにデータオペレーションを投げ、 クエリパフォーマンスを改善させます。サーバーサイドでお香ことができないデータ処理は、クライアントサイドの強力な組込みSQL エンジンによりハンドルされます。

  • メタデータ検出

    拡張性の高いスキーマ検出機能。テーブル、カラム、キーなどのデータ構造をユーザーアイデンティティベースで検出します。

  • レプリケーションおよびキャッシュ

    コネクタがサポートするレプリケーションおよびキャッシュコマンドによりOracle、SQL Server、Google Cloud SQL などのオンプレ/クラウドのデータストアに データを複製・同期することが容易になります。レプリケーションコマンドでは、データの差分更新機能がサポートされています。

  • 文字列、日付、数値などの多様な関数

    50を超える関数ライブラリをサポートし、カラム値をお望みの結果として返します。 正規表現、JSON、XML 処理などの関数がサポートされています。

  • 集計クエリ処理

    コネクタでは、クライアントサイド処理によりデータ処理を強化します。SUM、AVG、MAX、MIN などの集計関数をサポート。

  • 容易なカスタマイズ・コンフィギュレーション

    フレキシブルにテーブル/カラムの追加・削除、データ型の変更などのカスタマイズを行うことができます。簡単に編集が可能なスキーマファイルを加工・編集することでランタイム側でスキーマのカスタマイズを実施できます。

  • All-in-One デプロイ

    MuleSoft Connectors は、サポートされるMuleSoft platform に簡単に配布が可能です。


Money Forward Expense Connector for MuleSoft を今すぐダウンロード


MuleSoft でのMoney Forward Expense 連携を加速しましょう。標準SQL インターフェースで複雑になりがちなMoney Forward Expense 連携をシンプルに抑え、 データ連携を短期間・低コスト。


  ダウンロード