Connect BizTalk Workflows With YouTube Data

では、SQL クエリおよびストアドプロシージャを使ってYouTube data をポーリングできます。アダプターにより、YouTube エンティティのXML ビューが作成され、エンティティは標準XML メッセージとして動作します。 は標準SQL updategram をサポートしており、簡単にYouTube エンティティを挿入、更新、削除できます。

BizTalk 統合の方法

BizTalk オーケストレーションに YouTube エンティティを簡単に設定できます。

  1. Receive Location の設定。
  2. 選択したYouTube エンティティのスキーマを作成。
  3. 標準BizTalk 技術でBizTalk Workflow をデザイン。

YouTube エンティティの更新、挿入、削除には、Send Port を設定し、receive updategram をバインドします。

 
 
ダウンロード