CData BizTalk Adapter for Act-On のSQL コマンドスキーマを作成する方法

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Act-On BizTalk Adapter

Act-On データをBizTalk オーケストレーションに統合。

Act-On Adapters を使って、Act-On Campaigns、Programs、Reports などの多様なデータに連携。



CData BizTalk アダプターは、XML としてデータを返すことにより、BizTalk でのAct-On の処理を容易にします。BizTalk でアクセスしたいテーブルのXML スキーマファイル作成することで、このデータをBizTalk オーケストレーションで使用できます。

この記事では、CData BizTalk アダプターを使用して取得したAct-On を処理するスキーマを作り出す方法を紹介します。SELECT コマンド用のスキーマを作成します。

CData BizTalk Adapter for Act-On を使用して、Act-On に標準のSQL コマンドを実行できます。

プロジェクトのAct-On 用アダプターを追加する

以下のステップに従って、アダプターをBizTalk サーバープロジェクトに追加します。

  1. 未作成の場合は、Visual Studio で新規のBizTalk サーバープロジェクトを作成します。
  2. [Solution Explorer] の[project] で右クリックし、[Add] -> [Add Generated Items] と進みます。
  3. [resulting dialog box] の[Add Adapter Metadata] を選択します。
  4. 表示される[Add Adapter] ウィザードで、リストからアダプターを選択します。
  5. [Port menu] では、選択を空白のままにします。そのトランスポートタイプに合わせて構成されたアダプターを持つ受信場所や送信ポートを選択することもできます。

SQL コマンド用のスキーマを作り出す

[Add Adapter] ウィザードでアダプターを選択すると、[Schema] ウィザードが表示されます。以下のステップに従って接続プロパティを構成し、コマンドの結果のメタデータを取得します。

  1. BizTalk アプリで構成済みのアダプターを選択しなかった場合は、[Connection String] ページで、認証資格情報とその他の接続プロパティを入力します。下は一般的な接続文字列です。

    ActOn はOAuth 認証標準を利用しています。OAuth を使って認証するには、アプリケーションを作成してOAuthClientIdOAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティを取得する必要があります。

    認証方法についての詳細は、ヘルプドキュメントの「認証の使用」を参照してください。

  2. 次ページ[Schema Information] の[General Options] セクションで、アダプターの構成に応じて[Send Port] または[Receive Location] を選択します。
  3. 結果セット全体のスキーマを作成するには、[Message Mode]メニューの[Single Message] オプションを選択します。結果セットの行ごとに1つずつのスキーマを作成したい場合は、[Message Per Row] オプションを選択し、メッセージのルート要素が[row] であることを確認します。
  4. [Command Type] メニューで、SQL コマンドを選択します。
  5. [Statement Information] ページの[SQL Command Text box] に、SQL コマンドを入力します。(受信場所や送信ポートが構成してある場合は、そのSQL コマンドがボックスに入力されます。)ここでは、下のクエリを使用します。

    SELECT * FROM Images

  6. ウィザードで表示される概要の設定を確認し、[Finish] をクリックしてschema.xsd ファイルを作成します。

スキーマの処理

簡易版BizTalk アプリでスキーマを利用する場合、 こちらのチュートリアルをご覧ください。