Oracle Data Integrator でAct-On をETL

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Act-On JDBC Driver

驚くほど簡単にJDBC でJava アプリケーションにAct-On マーケティングオートメーションのCampaigns、Programs、Reports データを連携!



この記事では、Oracle Data Integrator を使用してAct-On をデータウェアハウスに転送する方法を説明します。

JDBC 標準を使用して読み取りと書き込みをAct-On に接続することにより、基準のスキルを活用します。 Oracle Data Integrator (ODI) ののようなETL ツールへのドロップイン統合により、CData JDBC Driver for Act-On は、リアルタイムAct-On をデータウェアハウスやビジネスインテリジェンス、Big Data テクノロジーに接続します。

JDBC 接続により、ODI の他のデータベースと同じようにAct-On を操作できます。RDBMS と同様に、フラットファイルを操作する代わりに、ドライバーを使用してAct-On API にリアルタイムで直接接続できます。

この記事では、JDBC ベースのAct-On データのETL からOracle へのロードまでについてを説明します。Act-On エンティティのデータモデルをリバースエンジニアリングした後、マッピングを作成し、データ読み込み戦略を選択します。ドライバーはSQL-92 をサポートしているため、この最後のステップは、組み込みのSQL からSQL Loading Knowledge Module をセンタすることで簡単に実行できます。

ドライバーをインストール

ドライバーをインストールするには、インストールフォルダにあるドライバーJAR を.lic ファイルをODI userlib ディレクトリにコピーします。

Unix: ~/.odi/oracledi/userlib Windows %APPDATA%\Roaming\odi\oracledi\userlib

ODI を再起動してインストールを完了します。

モデルのリバースエンジニアリング

モデルをリバースエンジニアリングすると、Act-On のドライバーのリレーショナルビューに関するメタデータが取得されます。リバースエンジニアリング後、リアルタイムのAct-On をクエリし、Act-On テーブルに基づいてマッピングを作成できます。

  1. ODI でリポジトリに接続し、[New]->[Model and Topology Objects]とクリックします。
  2. 表示されるダイアログの[Model]画面で、以下の情報を入力します。
    • Name:ActOn を入力します。
    • Technology:Generic SQL を選択します。(ODI がVersion 12.2+ の場合は、Microsoft SQL ServerW選択します。)
    • Logical Schema:ActOn を入力します。
    • Context:[Global]を選択します。
  3. 表示されるダイアログの[Data Server]画面で、以下の情報を入力します。
    • Name:ActOn を入力します。
    • Driver List:Oracle JDBC Driver を選択します。
    • Driver:cdata.jdbc.acton.ActOnDriver と入力します。
    • URL:接続文字列を含むJDBC URL を入力します。

      ActOn はOAuth 認証標準を利用しています。OAuth を使って認証するには、アプリケーションを作成してOAuthClientIdOAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティを取得する必要があります。

      認証方法についての詳細は、ヘルプドキュメントの「認証の使用」を参照してください。

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、Act-On JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.acton.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      以下は一般的な接続文字列です。

      jdbc:acton:InitiateOAuth=GETANDREFRESH
  4. [Physical Schema]画面で、以下の情報を入力します。
    • Schema (Schema):ActOn を入力します。
    • Schema (Work Schema):ActOn を入力します。
  5. 開いたモデルで、[Reverse Engineer]をクリックしてAct-On テーブルのメタデータを取得します。

Act-On データの編集・保存

リバースエンジニアリング後、ODI でAct-On を操作できるようになります。 Act-On を編集し保存するには、Designer ナビゲーターでモデルアコーディオンを展開し、テーブルを右クリックして[Ⅾata]をクリックします。[Refresh]をクリックしてデータへの変更を取得します。変更が完了したら[Save Changes]をクリックします。

ETL プロジェクトの作成

以下のステップに従って、Act-On からETL を作成します。Images エンティティをODI Getting Started VM に含まれているサンプルデータウェアハウスにロードします。

  1. SQL Developer を開き、Oracle データベースに接続します。[Connections]ペインでデータベースのノードを右クリックし、[New SQL Worksheet]をクリックします。

    もしくは、SQLPlus を使用することもできます。コマンドプロンプトから、以下のように入力します。

    sqlplus / as sysdba
  2. 以下のクエリを入力し、ODI_DEMO スキーマにあるサンプルデータウェアハウスに新しいターゲットテーブルを作成します。以下のクエリは、Act-On のImages テーブルに一致するいくつかのカラムを定義します。 CREATE TABLE ODI_DEMO.TRG_IMAGES (NAME NUMBER(20,0),Id VARCHAR2(255));
  3. ODI でDesigner ナビゲーターのModels アコーディオンを展開し、ODI_DEMO フォルダのSales Administration ノードをダブルクリックします。Model Editor でモデルが開きます。
  4. [Reverse Engineer]をクリックします。TRG_IMAGES テーブルがモデルに追加されます。
  5. プロジェクトの[Mappings]ノードを右クリックし、[New Mapping]をクリックします。マッピングの名前を入力し、[Create Empty Dataset]オプションを無効にします。[Mapping Editor]が表示されます。
  6. TRG_IMAGES テーブルをSales Administration モデルからマッピングにドラッグします。
  7. Images テーブルをAct-On モデルからマッピングにドラッグします。
  8. ソースコネクタポイントをクリックしてターゲットコネクタポイントにドラッグします。[Attribute Matching]ダイアログが表示されます。ここでは、デフォルトオプションを使用します。その場合、目的の動作はターゲットカラムのプロパティに表示されます。
  9. Mapping Editor の[Physical]タブを開き、TARGET_GROUP のIMAGES_AP をクリックします。
  10. IMAGES_AP プロパティで、[Loading Knowledge Module]タブの[LKM SQL to SQL (Built-In)]を選択します。

これで、マッピングを実行してAct-On をOracle にロードできます。