PowerBuilder からAct-On データに連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Act-On JDBC Driver

驚くほど簡単にJDBC でJava アプリケーションにAct-On マーケティングオートメーションのCampaigns、Programs、Reports データを連携!



この記事では、Act-On JDBC ドライバーを使用してPowerBuilder からAct-On にアクセスする方法を説明します。

CData JDBC Driver for Act-On は、標準ベースのコントロールであり、PowerBuilder を含むJDBC をサポートするプラットフォームまたは開発テクノロジーから使用できます。 また、PowerBuilder でCData JDBC Driver for Act-On を使用する方法についても詳しく説明します。

この記事では、CData JDBC Driver for Act-On を使用して読み取りと書きこみを実行する基本的なPowerBuilder アプリケーションを作成する方法を説明します。

PowerBuilder からAct-On データに接続

以下のステップに従ってDatabase Painter ツールを使用し、JDBC URL for Act-On に基づいてデータベースプロファイルを作成します。データベースプロファイルを使用して、接続プロパティを保存できます。Ⅾatabase Painter では、データをグラフィカルに操作したり、SQL クエリを実行したりできます。

  1. ドライバーJAR をPowerBuilder クラスパスに追加します。CLASSPATH システム環境変数を、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるドライバーJAR へのパスに設定します。

    NotePowerBuilder Classic を使用している場合は、[Tools]->[System Options]->[Java]をクリックし、ドライバーJAR へのパスを追加することもできます。

  2. [Tools]->[Database Painter]と進みます。
  3. JDBC のノードを右クリックし、[New Profile]をクリックします。
  4. [Database Profile Setup]ダイアログで、以下を入力します。
    • Profile Name:プロファイルのわかりやすい名前を入力します。
    • Driver Name:ドライバーのクラス名にcdata.jdbc.acton.ActOnDriver を入力します。
    • URL:JDBC URL を入力します。

      ActOn はOAuth 認証標準を利用しています。OAuth を使って認証するには、アプリケーションを作成してOAuthClientIdOAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティを取得する必要があります。

      認証方法についての詳細は、ヘルプドキュメントの「認証の使用」を参照してください。

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、Act-On JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.acton.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。以下は一般的なJDBC URL です。

      jdbc:acton:InitiateOAuth=GETANDREFRESH
  5. テーブルを表示および編集するには、テーブルを右クリックして[Edit Data]->[Grid]をクリックします。

Act-On をPowerBuilder Controls と共に使用する

標準のPowerBuilder オブジェクトを使用してJDBC データソースに接続し、クエリを実行できます。以下の例は、Act-On をDataWindowに取得する方法を示しています。次のコードをopen メソッドに追加できます。

SQLCA.DBMS = "JDBC" SQLCA.AutoCommit = False SQLCA.DBParm = "Driver='cdata.jdbc.acton.ActOnDriver',URL='jdbc:acton:InitiateOAuth=GETANDREFRESH"; CONNECT USING SQLCA; dw_images.SetTransObject(SQLCA); dw_images.Retrieve();