製品をチェック

無償トライアル:

無償トライアルへ

製品の情報と無償トライアルへ:

ADP ODBC Driver

ADP ODBC Driver は、ODBC 接続をサポートするあらゆるツールからのシームレスなADP データ連携を実現します。

使い慣れたODBC インターフェースで、自由自在にADP データの読み、書き、更新を実行できます。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

QlikView でADP データにODBC 接続で連携してビジュアライズ


ADP を使ってQlikView でデータビジュアライゼーションを作成


adp ロゴ画像
odbc ロゴ画像

ODBC

QlikView ロゴ画像


CData ODBC drivers は、幅広い種類のデータソースのデータを扱うことを可能にします。この記事では、ADP に接続してQlikView でデータビジュアライゼーションを作成する簡単な手順を説明します。

ADP データをチャートに連携

下記の手順では、SQL クエリ結果をQlikView のビジュアライゼーションに提供します。 この記事では、次のクエリを使って棒グラフを作成します:

SELECT AssociateOID, WorkerID FROM Workers WHERE AssociateOID = 'G3349PZGBADQY8H8'

    未指定の場合は、初めにODBC DSN (data source name) で接続プロパティを指定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および構成できます。

    Connect to ADP by specifying the following properties:

    • SSLClientCert: Set this to the certificate provided during registration.
    • SSLClientCertPassword: Set this to the password of the certificate.
    • UseUAT: The connector makes requests to the production environment by default. If using a developer account, set UseUAT = true.
    • RowScanDepth: The maximum number of rows to scan for the custom fields columns available in the table. The default value will be set to 100. Setting a high value may decrease performance.

    The connector uses OAuth to authenticate with ADP. OAuth requires the authenticating user to interact with ADP using the browser. For more information, refer to the OAuth section in the Help documentation.

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

  1. ツールバーで[Edit Script]ボタンをクリックして接続を追加します。
  2. [Data]タブの[Database]メニューから[ODBC]を選択して[Connect]をクリックします。
  3. ダイアログが表示されたら、[DSN]を選択します。次のようなコマンドが生成されます: ODBC CONNECT TO [My DSN];
  4. [Select]をクリックして[SELECT statement]ウィザードでクエリをビルドします。あるいは、SQL コマンドを使ってクエリを直接スクリプトに入力できます。
    A script that connects and executes an SQL query. (Salesforce is shown.)
  5. スクリプトエディタを閉じてドキュメントをリロードし、スクリプトを実行します。
  6. [Tools]>[Quick Chart Wizard]をクリックします。ウィザードでチャートの種類を選択します。この例では棒グラフを使います。
  7. [First Dimension]メニューでAssociateOID を選択します。
  8. 必要なサマリー機能をクリックし、メニューでWorkerID を選択します。
  9. ウィザードを終了してチャートを生成します。

    A chart populated with the results of a query. (Salesforce is shown.)