今すぐお試しください!

製品の詳細Google AdWords PowerShell Cmdlets を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

PowerShell でGoogle Ads Data データをCSV に落としてみた

標準PowerShell cmdlets を使ってGoogle Ads テーブルにアクセス。

CData Cmdlets Module for Google Ads は、直感的なGoogle Ads データ連携を提供する標準cmdlet です。 本記事では、GoogleAds Cmdlets を使ったサンプルを提供します。

Creating a Connection to Your Google Ads Data

Google はOAuth 認証標準を使用します。個々のユーザーとしてGoogle API にアクセスするには、組み込みクレデンシャルを使うか、OAuth アプリを作成します。

OAuth では、Google Apps ドメインのユーザーとしてサービスアカウントを使ってアクセスすることもできます。サービスカウントでの認証では、OAuth JWT を取得するためのアプリケーションを登録する必要があります。

OAuth 値に加え、DeveloperToken およびClientCustomerId を指定します。

詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

$conn = Connect-GAds  -DeveloperToken "$DeveloperToken" -ClientCustomerId "$ClientCustomerId"

Selecting Data

Follow the steps below to retrieve data from the CampaignPerformance table and pipe the result into to a CSV file:

Select-GoogleAds -Connection $conn -Table CampaignPerformance | Select -Property * -ExcludeProperty Connection,Table,Columns | Export-Csv -Path c:\myCampaignPerformanceData.csv -NoTypeInformation

You will notice that we piped the results from Select-GoogleAds into a Select-Object cmdlet and excluded some properties before piping them into an Export-Csv cmdlet. We do this because the CData Cmdlets append Connection, Table, and Columns information onto each "row" in the result set, and we do not necessarily want that information in our CSV file.

The Connection, Table, and Columns are appended to the results in order to facilitate piping results from one of the CData Cmdlets directly into another one.
 
 
ダウンロード