今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Airtable を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Airtable データをR で分析

CData JDBC Driver for Airtableで標準的なR 関数とお好みの開発環境を使って、 Airtable を分析。



Pure R スクリプトおよび 標準SQL を使って、R およびJava をインストール可能なあらゆるマシン上でAirtable にアクセス。CData JDBC Driver for Airtable とRJDBC package を使って、R でリモートAirtable data を利用できます。CData Driver を使うことで、業界が認めた基準で書かれたドライバーを活用して、オープンソースでポピュラーなR 言語のデータにアクセスできます。この記事では、ドライバーを使ってAirtable にSQL クエリを実行する方法、および標準R 関数を呼び出してAirtable をビジュアライズする方法について説明します。

R をインストール

マルチスレッドのMicrosoft R Open を実行すること、またはBLAS/LAPACK ライブラリにリンクされたオープン R を実行することによって、マルチスレッドおよびマネージドコードから利益を得られたドライバーのパフォーマンスにマッチできます。ここでは、Microsoft R Open 3.2.3 を使用します。CRAN レポジトリのJan. 1, 2016 snapshot からパッケージをインストールするために事前設定されています。このsnapshot は再現性を保証します。

RJDBC パッケージをロード

ドライバーを使うにはRJDBC パッケージをダウンロードします。RJDBC パッケージをインストールしたら、次のコードを入力してパッケージをロードします。

library(RJDBC)

JDBC データソースとしてAirtable に接続

下記の情報を使いAirtable にJDBC データソースとして接続します。

  • Driver Class:cdata.jdbc.airtable.AirtableDriver に設定。
  • Classpath:Driver JAR の場所を設定します。デフォルトではインストールディレクトリの[lib]サブフォルダです。

dbConnect やdbSendQuery のようなDBI 関数は、R にデータアクセスコードを書くための統一インターフェースを提供します。

driver <- JDBC(driverClass = "cdata.jdbc.airtable.AirtableDriver", classPath = "MyInstallationDir\lib\cdata.jdbc.airtable.jar", identifier.quote = "'")

これで、DBI 関数を使ってAirtable に接続しSQL クエリを実行する準備が整いました。dbConnect 関数を使ってJDBC 接続を初期化します。一般的なJDBC 接続文字列は次のとおりです。

conn <- dbConnect(driver,"APIKey=keymz3adb53RqsU;BaseId=appxxN2fe34r3rjdG7;TableNames=TableA,...;ViewNames=TableA.ViewA,...;")

Airtable への接続には、APIKey、BaseId、TableNames のプロパティが必須です。ViewNames は任意項目でテーブルのビューを指定することができます。

  • APIKey : アカウントのAPI Key。取得には、アカウントにログインして、API セクションで[Generate API Key]をクリックします。
  • BaseId : ベースのId。取得には、APIKey と同じ場所で、[Airtable API]をクリックするか、https://airtable.com/api に進み、ベースを選択します。"The ID of this base is appxxN2ftedc0nEG7." というメッセージがIntroduction セッションで表示されます。
  • TableNames : 選択されたベースのテーブル名のカンマ区切りのリスト。UI で見られるテーブル名と同じです。
  • ViewNames : table.view 形式のビューのカンマ区切りのリスト。UI でみられるビュー名と同じです。

スキーマ Discovery

ドライバーはAirtable API をリレーショナルデータベース、ビュー、ストアドプロシージャとしてモデルします。次のコードを使ってテーブルリストを検出します。

dbListTables(conn)

SQL クエリの実行

dbGetQuery 関数を使ってAirtable API がサポートするすべてのSQL クエリを実行できます:

sampletable_1 <- dbGetQuery(conn,"SELECT Id, Column1 FROM SampleTable_1 WHERE Column1 = 'Value1'")

次のコマンドを使って、結果を[data viewer]ウィンドウで見ることができます。

View(sampletable_1)

Airtable Data をプロット

CRAN レポジトリで利用可能なあらゆるデータ初期化パッケージを使ってAirtable を分析する準備が整いました。ビルトインバーのplot 関数を使って簡単なバーを作成できます。

par(las=2,ps=10,mar=c(5,15,4,2)) barplot(sampletable_1$Column1, main="Airtable SampleTable_1", names.arg = sampletable_1$Id, horiz=TRUE)
 
 
ダウンロード