RapidMiner からAirtable データに連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Airtable JDBC Driver

Airtable に連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



Airtable をRapidMiner Studio の標準コンポーネント及びデータソース構成ウィザードと統合します。

この記事では、CData JDBC driver for Airtable をRapidMiner のプロセスと簡単に統合する方法を示します。この記事では、CData JDBC driver for Airtable を使用してAirtable をRapidMiner のプロセスに転送します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

RapidMiner のAirtable にJDBC Data Source として接続する

以下のステップに従ってAirtable へのJDBC 接続を確認できます。

  1. Airtable 用の新しいデータベースドライバーを追加します。[Connections]->[Manage Database Drivers]とクリックします。
  2. 表示されるウィザードで[Add]ボタンをクリックし、接続に名前を入力します。
  3. JDBC URL のプレフィックスを入力します。 jdbc:airtable:
  4. インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるcdata.jdbc.airtable.jar ファイルにパスを入力して下さい。
  5. ドライバークラスを入力します。 cdata.jdbc.airtable.AirtableDriver
  6. 新しいAirtable 接続を作成します。[Connections]->[Manage Database Connections]とクリックします。
  7. 接続の名前を入力します。
  8. データベースシステムの場合は、以前構成したAirtable ドライバーを選択します。
  9. Host ボックスで接続文字列を入力します。

    Airtable への接続には、APIKey、BaseId、TableNames のプロパティが必須です。ViewNames は任意項目でテーブルのビューを指定することができます。

    • APIKey : アカウントのAPI Key。取得には、アカウントにログインして、API セクションで[Generate API Key]をクリックします。
    • BaseId : ベースのId。取得には、APIKey と同じ場所で、[Airtable API]をクリックするか、https://airtable.com/api に進み、ベースを選択します。"The ID of this base is appxxN2ftedc0nEG7." というメッセージがIntroduction セッションで表示されます。
    • TableNames : 選択されたベースのテーブル名のカンマ区切りのリスト。UI で見られるテーブル名と同じです。
    • ViewNames : table.view 形式のビューのカンマ区切りのリスト。UI でみられるビュー名と同じです。

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、Airtable JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.airtable.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    以下は一般的な接続文字列です。

    APIKey=keymz3adb53RqsU;BaseId=appxxN2fe34r3rjdG7;TableNames=TableA,...;ViewNames=TableA.ViewA,...;
  10. 必要であればユーザー名とパスワードを入力します。

プロセス内の様々なRapidMiner オペレーターとのAirtable 接続を使用できます。Airtable を取得するには、[Operators]ビューから[Retrieve]をドラッグします。 [Retrieve]オペレータを選択した状態で、[repository entry]の横にあるフォルダアイコンをクリックして[Parameters]ビューで取得するテーブルを定義できます。表示されるRepository ブラウザで接続ノードを展開し、目的のサンプルセットを選択できます。

最後に、[Retrieve]プロセスから結果に出力をワイヤリングし、プロセスを実行してAirtable を確認します。