DBArtisan でAmazon S3 データに連携

Ready to get started?

Download for a free trial:

Download Now

Learn more:

Amazon S3 ODBC Driver

Amazon S3 ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからAmzaon S3 クラウドストレージにデータ連携。

Amazon S3 にデータベースのようにアクセス - オブジェクト、バケットにODBC インターフェースで接続。



DBArtisan のウィザードを使って、Amazon S3 をデータソースとして連携利用。

CData ODBC Driver for Amazon S3 は、DBArtisan などのデータベースツールとAmazon S3 data を連携し、RDB のような感覚でAmazon S3 データを扱えます。 本記事では、DBArtisan 上でAmazon S3 データソースを作成する方法とクエリの実行方法を説明します。

DBArtisan Project にAmazon S3 Data を連携する

ODBC Driver をインストールして、ODBC DSN 設定を行います。インストール後にDSN 設定画面が開くので、Amazon S3 への接続に必要なプロパティを設定します。

Amazon S3 リクエストを認可するには、管理者アカウントまたはカスタム権限を持つIAM ユーザーの認証情報を入力します。AccessKey をアクセスキーID に設定します。SecretKey をシークレットアクセスキーに設定します。

Note: AWS アカウント管理者として接続できますが、AWS サービスにアクセスするにはIAM ユーザー認証情報を使用することをお勧めします。

アクセスキーの取得

IAM ユーザーの資格情報を取得するには:

  1. IAM コンソールにサインインします。
  2. ナビゲーションペインで[ユーザー]を選択します。
  3. ユーザーのアクセスキーを作成または管理するには、ユーザーを選択してから[セキュリティ認証情報]タブを選択します。

AWS ルートアカウントの資格情報を取得するには:

  1. ルートアカウントの資格情報を使用してAWS 管理コンソールにサインインします。
  2. アカウント名または番号を選択し、表示されたメニューで[My Security Credentials]を選択します。
  3. [Continue to Security Credentials]をクリックし、[Access Keys]セクションを展開して、ルートアカウントのアクセスキーを管理または作成します。

AWS ロールとして認証

多くの場合、認証にはAWS ルートユーザーのダイレクトなセキュリティ認証情報ではなく、IAM ロールを使用することをお勧めします。RoleARN を指定することでAWS ロールを代わりに使用できます。これにより、本製品は指定されたロールの資格情報を取得しようと試みます。

(すでにEC2 インスタンスなどで接続されているのではなく)AWS に接続している場合は、ロールを引き受けるIAM ユーザーのAccessKey とSecretKey を追加で指定する必要があります。AWS ルートユーザーのAccessKey および SecretKey を指定する場合、ロールは使用できません。

SSO 認証

SSO 認証を必要とするユーザーおよびロールには、RoleARN およびPrincipalArn 接続プロパティを指定してください。各Identity Provider に固有のSSOProperties を指定し、AccessKey とSecretKey を空のままにする必要があります。これにより、本製品は一時的な認証資格情報を取得するために、リクエストでSSO 認証情報を送信します。

次の方法で、プロジェクトにAmazon S3 データソースを登録します。

  1. DBArtisan で「Data Source」->「Register Datasource」と進みます。
  2. 「Generic ODBC」を選択。
  3. データソース名を入力して、DSN を選択します。Enter a name for the data source and select the DSN.
  4. ウィザードを終了してAmazon S3 への接続を完了します。Amazon S3 のエンティティが Datasource Explorer に表示されているはずです。

これで、他のデータベースと同じようにAmazon S3 データを扱うことが可能になります。 サポートされるSQL クエリは、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。