DBxtra で Amazon S3 Data に連携するダッシュボードを作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Amazon S3 ODBC Driver

Amazon S3 ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからAmzaon S3 クラウドストレージにデータ連携。

Amazon S3 にデータベースのようにアクセス - オブジェクト、バケットにODBC インターフェースで接続。



DBxtra でAmazon S3 に連携して、ダイナミックダッシュボードでデータを分析。

CData ODBC Driver for Amazon S3 は、Amazon S3 データを標準SQL で使えるようにし、BI、帳票、ETL ツールからの連携を実現します。本記事では、DBxtra からAmazon S3 データにGeneric ODBC として接続し、レポートやダッシュボードを作成します。

Amazon S3 Data への連携

  1. If you have not already done so, provide values for the required connection properties in the data source name (DSN). You can configure the DSN using the built-in Microsoft ODBC Data Source Administrator. This is also the last step of the driver installation. See the "Getting Started" chapter in the Help documentation for a guide to using the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure a DSN.

    Amazon S3 リクエストを認可するには、管理者アカウントまたはカスタム権限を持つIAM ユーザーの認証情報を入力します。AccessKey をアクセスキーID に設定します。SecretKey をシークレットアクセスキーに設定します。

    Note: AWS アカウント管理者として接続できますが、AWS サービスにアクセスするにはIAM ユーザー認証情報を使用することをお勧めします。

    アクセスキーの取得

    IAM ユーザーの資格情報を取得するには:

    1. IAM コンソールにサインインします。
    2. ナビゲーションペインで[ユーザー]を選択します。
    3. ユーザーのアクセスキーを作成または管理するには、ユーザーを選択してから[セキュリティ認証情報]タブを選択します。

    AWS ルートアカウントの資格情報を取得するには:

    1. ルートアカウントの資格情報を使用してAWS 管理コンソールにサインインします。
    2. アカウント名または番号を選択し、表示されたメニューで[My Security Credentials]を選択します。
    3. [Continue to Security Credentials]をクリックし、[Access Keys]セクションを展開して、ルートアカウントのアクセスキーを管理または作成します。

    AWS ロールとして認証

    多くの場合、認証にはAWS ルートユーザーのダイレクトなセキュリティ認証情報ではなく、IAM ロールを使用することをお勧めします。RoleARN を指定することでAWS ロールを代わりに使用できます。これにより、本製品は指定されたロールの資格情報を取得しようと試みます。

    (すでにEC2 インスタンスなどで接続されているのではなく)AWS に接続している場合は、ロールを引き受けるIAM ユーザーのAccessKey とSecretKey を追加で指定する必要があります。AWS ルートユーザーのAccessKey および SecretKey を指定する場合、ロールは使用できません。

    SSO 認証

    SSO 認証を必要とするユーザーおよびロールには、RoleARN およびPrincipalArn 接続プロパティを指定してください。各Identity Provider に固有のSSOProperties を指定し、AccessKey とSecretKey を空のままにする必要があります。これにより、本製品は一時的な認証資格情報を取得するために、リクエストでSSO 認証情報を送信します。

    When you configure the DSN, you may also want to set the Max Rows connection property. This will limit the number of rows returned, which is especially helpful for improving performance when designing reports and visualizations.

  2. Open the DBxtra application and in the New menu click Project and name the Project.
  3. Select ODBC Connection as the Data Connection Type.
  4. Click the browse option () for the Data Source.
  5. In the Data Link Properties window, select Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers on the Provider tab.
  6. On the Connection tab, select the Data Source Name and the initial catalog to use (CData).
  7. Name the Connection and select the appropriate User Groups.
  8. Double-click the Connection from within the Project to connect to the data.

Amazon S3 Data に連携するダッシュボードの作成

You are now ready to create a dashboard with Amazon S3 data.

  1. Right-click Report Objects under the Project and select New Report Object.
  2. In the new Report Object, click the link to create the Query.
  3. In the Select Data Connection window, select the newly created data connection.
  4. On the Query tab, expand the connection objects and select the Tables, Views, and specific columns you wish to include in your dashboard. You can specify search requirements and even create complex queries which include JOINs and aggregations.
  5. On the Dashboard tab, select the visualizations and features for your dashboard. Assign the data values from the query to the appropriate fields for the Dashboards items (Values, Series, etc.)

With a new Dashboard created, you are ready to begin analysis of Amazon S3 data. Thanks to the ODBC Driver for Amazon S3, you can refresh the Dashboard and immediately see any changes made at the source. In the same way, you can create and view Reports with live, up-to-date Amazon S3 data.