SharePoint Excel Services からCData ODBC Driver for Amazon S3 を使用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Amazon S3 ODBC Driver

Amazon S3 ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからAmzaon S3 クラウドストレージにデータ連携。

Amazon S3 にデータベースのようにアクセス - オブジェクト、バケットにODBC インターフェースで接続。



この記事では、CData ODBC Driver for Amazon S3 を使用して、SharePoint のオンプレミスエディションでExcel からAmazon S3 に接続する方法を説明します。SharePoint ユーザーは、このテクニックによってExcel でAmazon S3 データを使用したレポートやスコアカード、ダッシュボードを作成できます。

CData ODBC Driver for Amazon S3 には、Excel のビルトインデータアクセスツールを使用してアクセスできます。この記事では、CData ODBC Driver for Amazon S3 を使用して、SharePoint のオンプレミスエディションでExcel スプレッドシートからAmazon S3 に接続する方法を説明します。

ODBC Data Source としてAmazon S3 に接続

未指定の場合は、初めにODBC DSN(data source name)で接続プロパティを指定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および構成できます。

Amazon S3 リクエストを認可するには、管理者アカウントまたはカスタム権限を持つIAM ユーザーの認証情報を入力します。AccessKey をアクセスキーID に設定します。SecretKey をシークレットアクセスキーに設定します。

Note: AWS アカウント管理者として接続できますが、AWS サービスにアクセスするにはIAM ユーザー認証情報を使用することをお勧めします。

アクセスキーの取得

IAM ユーザーの資格情報を取得するには:

  1. IAM コンソールにサインインします。
  2. ナビゲーションペインで[ユーザー]を選択します。
  3. ユーザーのアクセスキーを作成または管理するには、ユーザーを選択してから[セキュリティ認証情報]タブを選択します。

AWS ルートアカウントの資格情報を取得するには:

  1. ルートアカウントの資格情報を使用してAWS 管理コンソールにサインインします。
  2. アカウント名または番号を選択し、表示されたメニューで[My Security Credentials]を選択します。
  3. [Continue to Security Credentials]をクリックし、[Access Keys]セクションを展開して、ルートアカウントのアクセスキーを管理または作成します。

AWS ロールとして認証

多くの場合、認証にはAWS ルートユーザーのダイレクトなセキュリティ認証情報ではなく、IAM ロールを使用することをお勧めします。RoleARN を指定することでAWS ロールを代わりに使用できます。これにより、本製品は指定されたロールの資格情報を取得しようと試みます。

(すでにEC2 インスタンスなどで接続されているのではなく)AWS に接続している場合は、ロールを引き受けるIAM ユーザーのAccessKey とSecretKey を追加で指定する必要があります。AWS ルートユーザーのAccessKey および SecretKey を指定する場合、ロールは使用できません。

SSO 認証

SSO 認証を必要とするユーザーおよびロールには、RoleARN およびPrincipalArn 接続プロパティを指定してください。各Identity Provider に固有のSSOProperties を指定し、AccessKey とSecretKey を空のままにする必要があります。これにより、本製品は一時的な認証資格情報を取得するために、リクエストでSSO 認証情報を送信します。

Excel サービスを構成

ODBC DSN の構成後、DSN を使用して接続するようにExcel Services を設定できます。このためには、OLE DB プロバイダを信頼できるデータソースとして設定する必要があります。また、ODBC ドライバーでシングルサインオン機能を有効にするためにSecure Store Service を使用するかどうかを決定する必要があります。必要に応じてExcel Services Unattended アカウントを使用することで、以下のステップ3までスキップできます。

  1. はじめに、シングルサインオンを使用するようにセキュアストアアプリケーションを設定します。[SharePoint Central Administration]で、[Application Management]->[Manage Service Applications]と移動します。セキュアストアサービスアプリケーションを選択するか、新しく作成します。[Edit]メニューの[Manage]をクリックしてアプリケーションの編集を始めます。
  2. 新しいターゲットアプリケーションを作成します。
  3. このアプリケーションにアクセスできるユーザーのリストを設定できます。アプリが作成できたら、あとからシングルサインオンで使用できるように、アプリケーションに資格情報を設定する必要があります。
  4. [SharePoint Central Administration]で[Application Management]->[Manage Service Applications]と移動します。組織で使用されているExcel Services アプリケーションを選択します。まだ存在しない場合には作成します。[Manage]をクリックします。新しいアプリを作成する場合は、サービスアプリケーションのプロキシをファームのデフォルトのプロキシリストに追加するオプションをオンにします。
  5. [Trusted Data Providers]をクリックして新しい信頼されたプロバイダを追加します。Provider ID を[MSDASQL.1]に設定し、タイプは[OLE DB]のままにします。[OK]をクリックして信頼されたプロバイダのリストに新しいプロバイダを追加します。

Excel でのAmazon S3 データへの接続とインポート

DSN へのアクセスを有効にして保護した後、Excel のリボンからデータソースにアクセスできます。

  1. Excel スプレッドシートで、[Data]タブを開き、[From Other Sources]->[From Data Connection Wizard]をクリックします。
  2. タイプとして[Other/Advanced]を選択し、次の画面で[Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers]を選択します。[Connection]タブで、システムDSN であるCData AmazonS3 Sysを選択します。ドライバーをインストールすると、一致するユーザーとシステムのDSN が自動的に作成されます。SharePoint から接続するには、システムDSN が必要です。
  3. 接続するテーブルを選択します。
  4. ウィザードでの最後のステップで、[Authentication Settings]ボタンをクリックします。[Use a stored account]を選択し、以前作成したセキュアストアターゲットアプリケーションの名前を入力します。または、[Unattended Service Account]を使用する場合は、[None]を選択します。
  5. ウィザードを終了すると、データがスプレッドシートにインポートされます。Amazon S3 データをSharePoint から直接更新したり、保存できるようになりました。