Automated Continuous Amazon S3 Replication to Azure SQL

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

CData Sync



Use CData Sync for automated, continuous, customizable Amazon S3 replication to Azure SQL.

Always-on applications rely on automatic failover capabilities and real-time data access. CData Sync integrates live Amazon S3 data into your Azure SQL instance, allowing you to consolidate all of your data into a single location for archiving, reporting, analytics, machine learning, artificial intelligence and more.

Configure Azure as a Replication Destination

Using CData Sync, you can replicate Amazon S3 data to Azure SQL. To add a replication destination, navigate to the Connections tab.

  1. Click Add Connection.
  2. Select Azure SQL as a destination.
  3. Enter the necessary connection properties. To connect to Azure SQL, set the following:
    • Server: The address of the server hosting the Azure SQL database.
    • User: The username provided for authentication with the Azure SQL database.
    • Password: The password provided for authentication with the Azure SQL database.
    • Database: The name of the Azure SQL database.

    Java Edition

    The Java version requires the Microsoft SQL Server JDBC Driver, which can be downloaded from the Microsoft Download Center. Copy the JDBC driver to the lib folder of your Java Web server to make a connection.

  4. Click Test Connection to ensure that the connection is configured properly.
  5. Click Save Changes.

Configure the Amazon S3 Connection

You can configure a connection to Amazon S3 from the Connections tab. To add a connection to your Amazon S3 account, navigate to the Connections tab.

  1. Click Add Connection.
  2. Select a source (Amazon S3).
  3. Configure the connection properties.

    Amazon S3 リクエストを認可するには、管理者アカウントまたはカスタム権限を持つIAM ユーザーの認証情報を入力します。AccessKey をアクセスキーID に設定します。SecretKey をシークレットアクセスキーに設定します。

    Note: AWS アカウント管理者として接続できますが、AWS サービスにアクセスするにはIAM ユーザー認証情報を使用することをお勧めします。

    尚、本製品はAmazon S3 のファイルの一覧表示やユーザー管理情報の取得用です。S3 に保管されているExcel、CSV、JSON などのファイル内のデータを読み込みたい場合には、Excel DriverCSV DriverJSON Driver をご利用ください。

    アクセスキーの取得

    IAM ユーザーの資格情報を取得するには:

    1. IAM コンソールにサインインします。
    2. ナビゲーションペインで「ユーザー」を選択します。
    3. ユーザーのアクセスキーを作成または管理するには、ユーザーを選択してから「セキュリティ認証情報」タブを選択します。

    AWS ルートアカウントの資格情報を取得するには:

    1. ルートアカウントの資格情報を使用してAWS 管理コンソールにサインインします。
    2. アカウント名または番号を選択し、表示されたメニューで「My Security Credentials」を選択します。
    3. 「Continue to Security Credentials」をクリックし、「Access Keys」セクションを展開して、ルートアカウントのアクセスキーを管理または作成します。

    AWS ロールとして認証

    多くの場合、認証にはAWS ルートユーザーのダイレクトなセキュリティ認証情報ではなく、IAM ロールを使用することをお勧めします。RoleARN を指定することでAWS ロールを代わりに使用できます。これにより、本製品は指定されたロールの資格情報を取得しようと試みます。

    (すでにEC2 インスタンスなどで接続されているのではなく)AWS に接続している場合は、ロールを引き受けるIAM ユーザーのAccessKey とSecretKey を追加で指定する必要があります。AWS ルートユーザーのAccessKey および SecretKey を指定する場合、ロールは使用できません。

    SSO 認証

    SSO 認証を必要とするユーザーおよびロールには、RoleARN およびPrincipalArn 接続プロパティを指定してください。各Identity Provider に固有のSSOProperties を指定し、AccessKey とSecretKey を空のままにする必要があります。これにより、本製品は一時的な認証資格情報を取得するために、リクエストでSSO 認証情報を送信します。

  4. Click Connect to ensure that the connection is configured properly.
  5. Click Save Changes.

Configure Replication Queries

CData Sync enables you to control replication with a point-and-click interface and with SQL queries. For each replication you wish to configure, navigate to the Jobs tab and click Add Job. Select the Source and Destination for your replication.

Replicate Entire Tables

To replicate an entire table, click Add Tables in the Tables section, choose the table(s) you wish to replicate, and click Add Selected Tables.

Customize Your Replication

You can use the Transform feature to customize your replication. The Transform feature allows you to specify which columns to replicate, rename the columns at the destination, and even perform operations on the source data before replicating. To customize your replication, click the Transform button in the Tables section and customize the replication.

Schedule Your Replication

In the Schedule section, you can schedule a job to run automatically, configuring the job to run after specified intervals ranging from once every 15 minutes to once every month.

Once you have configured the replication job, click Save Changes. You can configure any number of jobs to manage the replication of your Amazon S3 data to Azure SQL.