Visualize Live Amazon S3 Data in Tableau

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Amazon S3 Tableau Connector

The fastest and easiest way to connect Tableau to Amazon S3 data. Includes comprehensive high-performance data access, real-time integration, extensive metadata discovery, and robust SQL-92 support.



Use the CData Tableau Connector for Amazon S3 and Tableau Desktop to visualize live Amazon S3 data.

Tableau is a visual analytics platform transforming the way businesses use data to solve problems. When paired with the CData Tableau Connector for Amazon S3, you can easily get access to live Amazon S3 data within Tableau. This article shows how to connect to Amazon S3 in Tableau and build a simple chart.

The CData Tableau Connectors enable high-speed access to live Amazon S3 data in Tableau. Once you install the connector, you simply authenticate with Amazon S3 and you can immediately start building responsive, dynamic visualizations and dashboards. By surfacing Amazon S3 data using native Tableau data types and handling complex filters, aggregations, & other operations automatically, CData Tableau Connectors grant seamless access to Amazon S3 data.

NOTE: The CData Tableau Connectors require Tableau 2020.3 or higher. If you are using an older version of Tableau, you will need to use the CData JDBC Driver for Amazon S3. If you wish to connect to Amazon S3 data in Tableau Online, you will need to use CData CloudHub.

Connect to Amazon S3 in Tableau

Open Tableau and click More under Connect -> To a Server. Select "Amazon S3 by CData," then configure the connection and click "Sign In."

Amazon S3 リクエストを認可するには、管理者アカウントまたはカスタム権限を持つIAM ユーザーの認証情報を入力します。AccessKey をアクセスキーID に設定します。SecretKey をシークレットアクセスキーに設定します。

Note: AWS アカウント管理者として接続できますが、AWS サービスにアクセスするにはIAM ユーザー認証情報を使用することをお勧めします。

アクセスキーの取得

IAM ユーザーの資格情報を取得するには:

  1. IAM コンソールにサインインします。
  2. ナビゲーションペインで[ユーザー]を選択します。
  3. ユーザーのアクセスキーを作成または管理するには、ユーザーを選択してから[セキュリティ認証情報]タブを選択します。

AWS ルートアカウントの資格情報を取得するには:

  1. ルートアカウントの資格情報を使用してAWS 管理コンソールにサインインします。
  2. アカウント名または番号を選択し、表示されたメニューで[My Security Credentials]を選択します。
  3. [Continue to Security Credentials]をクリックし、[Access Keys]セクションを展開して、ルートアカウントのアクセスキーを管理または作成します。

AWS ロールとして認証

多くの場合、認証にはAWS ルートユーザーのダイレクトなセキュリティ認証情報ではなく、IAM ロールを使用することをお勧めします。RoleARN を指定することでAWS ロールを代わりに使用できます。これにより、本製品は指定されたロールの資格情報を取得しようと試みます。

(すでにEC2 インスタンスなどで接続されているのではなく)AWS に接続している場合は、ロールを引き受けるIAM ユーザーのAccessKey とSecretKey を追加で指定する必要があります。AWS ルートユーザーのAccessKey および SecretKey を指定する場合、ロールは使用できません。

SSO 認証

SSO 認証を必要とするユーザーおよびロールには、RoleARN およびPrincipalArn 接続プロパティを指定してください。各Identity Provider に固有のSSOProperties を指定し、AccessKey とSecretKey を空のままにする必要があります。これにより、本製品は一時的な認証資格情報を取得するために、リクエストでSSO 認証情報を送信します。

Discover Schemas and Query Data

  1. Select CData from the Database pull-down menu.
  2. Select AmazonS3 from the Schema pull-down menu.
  3. Drag the tables and views you wish to visualize onto the join area. You can include multiple tables.
  4. Select Update Now or Automatically Update. Update Now lets you preview the first 10,000 rows of the data source (or enter the number of rows you want to see in the Rows text box). Automatically Update automatically reflects the changes in the preview area.
  5. Click the tab for your worksheet. Columns are listed as Dimensions and Measures, depending on the data type. The CData Tableau Connector discovers data types automatically, allowing you to leverage the powerful data processing and visualization features of Tableau.
  6. Drag a field from the Dimensions or Measures area to Rows or Columns. Tableau creates column or row headers.
  7. Select one of the chart types from the Show Me tab. Tableau displays the chart type that you selected.

Using the CData Tableau Connector for Amazon S3 with Tableau, you can easily create robust visualizations and reports on Amazon S3 data. Download a free, 30-day trial and get started today.