Monaca アプリで使えるAthena データ連携用のバックエンドAPI をノーコードで開発

ハイブリッドアプリ開発プラットフォームMonaca から Athena データに接続するためのバックエンドAPI サーバーをCData API Server で構築

CData API Server と ADO.NET Provider for Athena を使って、Monaca ハイブリッドアプリ開発プラットフォーム(https://ja.monaca.io/) から Athena に接続してデータを取得する方法を説明します。

API Server の設定

次のステップに従い、セキュアな REST API サービスを立ち上げます

デプロイ

API Server はサーバー上で稼働します。Windows 版は、製品に組み込まれているスタンドアロンのサーバーかIIS に配置して稼働させることができます。Java 版では、Java servlet コンテナにAPI Server のWAR ファイルを配置します。 デプロイの詳細は製品ヘルプを参照してください。API Server を Microsoft AzureAmazon EC2Heroku にデプロイする方法はKB に記事があります。

Athena への接続

API Server の管理コンソールで[設定]→[接続]から新しい接続を追加してAthena を追加します。

Athena のアイコンがデフォルトのAPI Server の接続先にない場合には、API Server がJava 版の場合はJDBC Drivers、API Server がWindows 版の場合はADO.NET Data ProvidersからAthena ドライバーをAPI Server と同じマシンにインストールして、API Server を再起動します。

Athena への接続に必要な認証情報を入力します。接続のテストを行い、接続を確認して、設定を保存します。

Amazon Athena への接続

Amazon Athena リクエストの認証には、アカウントの管理のクレデンシャルか、IAM ユーザーのカスタムPermission を設定します。 AccessKey にAccess Key Id、SecretKey にはSecret Access Key を設定します。

Note: AWS アカウントアドミニストレータとしてアクセスできる場合でも、AWS サービスへの接続にはIAM ユーザークレデンシャルを使用することが推奨されます。

Access Key の取得

IAM ユーザーのクレデンシャル取得は以下の通り:

  1. IAM コンソールにログイン
  2. Navigation ペインでUsers を選択。
  3. To create or manage the access keys for a user, select the user and then select the Security Credentials tab.

To obtain the credentials for your AWS root account, follow the steps below:

  1. Sign into the AWS Management console with the credentials for your root account.
  2. Select your account name or number and select My Security Credentials in the menu that is displayed.
  3. Click Continue to Security Credentials and expand the Access Keys section to manage or create root account access keys.

Authenticating from an EC2 Instance

If you are using the CData Data Provider for Amazon Athena 2018 from an EC2 Instance and have an IAM Role assigned to the instance, you can use the IAM Role to authenticate. To do so, set UseEC2Roles to true and leave AccessKey and SecretKey empty. The CData Data Provider for Amazon Athena 2018 will automatically obtain your IAM Role credentials and authenticate with them.

Authenticating as an AWS Role

In many situations it may be preferable to use an IAM role for authentication instead of the direct security credentials of an AWS root user. An AWS role may be used instead by specifying the RoleARN. This will cause the CData Data Provider for Amazon Athena 2018 to attempt to retrieve credentials for the specified role. If you are connecting to AWS (instead of already being connected such as on an EC2 instance), you must additionally specify the AccessKey and SecretKey of an IAM user to assume the role for. Roles may not be used when specifying the AccessKey and SecretKey of an AWS root user.

Authenticating with MFA

For users and roles that require Multi-factor Authentication, specify the MFASerialNumber and MFAToken connection properties. This will cause the CData Data Provider for Amazon Athena 2018 to submit the MFA credentials in a request to retrieve temporary authentication credentials. Note that the duration of the temporary credentials may be controlled via the TemporaryTokenDuration (default 3600 seconds).

Connecting to Amazon Athena

In addition to the AccessKey and SecretKey properties, specify Database, S3StagingDirectory and Region. Set Region to the region where your Amazon Athena data is hosted. Set S3StagingDirectory to a folder in S3 where you would like to store the results of queries.

If Database is not set in the connection, the data provider connects to the default database set in Amazon Athena.

  • 接続を確立後、[設定]→[リソース]の画面でテーブル一覧からREST API として公開するエンティティを選択します。
  • API Server のユーザー設定

    [設定]→[ユーザー]からAPI にアクセスできるユーザーの認証設定を行います。API Server はトークンでの認証を行うことができます。 IP アドレスでAPI へのアクセスを制限することも可能です。デフォルトではローカルマシンからのアクセスのみが許可されています。SSL の設定も可能です。

    オンプレミスDB やファイルからのAPI Server 使用(オプション)

    オンプレミスRDB やExcel/CSV などのファイルのデータを使用する場合には、API Server のCloug Gateway / SSH ポートフォワーディングが便利です。是非、Cloud Gatway の設定方法 記事を参考にしてください。

    Monaca で作成したモバイルアプリでの Athena データ取得

    Monacaではクラウド上にあるIDEが用意されていますので、まずはアカウント作成します。そこからCData API Server のデータをMonaca アプリ使う設定を作成していきます。

    1. ブラウザより Monaca のダッシュボードを開き、「新しいプロジェクトを作る」をクリックします。
    2. まずはテンプレートの種類は、フレームワークテンプレートを選択します。
    3. 今回は JavaScript を選択します。
    4. テンプレートは「Onsen UI V2 JS Navigation」を選択します。テンプレの画面構成は、「Push page」ボタンをクリックすると、画面遷移するものとなっています。
    5. 任意のプロジェクト名を設定し、「作成」ボタンをクリックします。
    6. 作成したプロジェクトを選択した状態で、「クラウドIDEで開く」をクリックします。
    7. 検索ボタンがクリックされたら、先ほど作成した API を Ajax で呼び出すようにしています。

      API Server で作成したエンドポイントをURL に設定し、ヘッダーにAPI Server のアクセストークンを設定します。
    8. レスポンスが返ってきた後、処理が成功していればリストにname だけを1データずつ加えています。

    デバッグ実行してみる

    Monaca でデバッグを行う際は、Monacaデバッガーアプリを実機にインストールすることで、MonacaのクラウドIDE と実機で動かしているMonacaデバッガーアプリが連動するようです。そのため、いちいちコードを修正してからのビルドが不要になるため、素早く検証を行うことができます。

    また、Monaca Localkit を使うことで、ローカルの開発環境でも利用することができます。今回はこのLocalkit を使って vscode 上でコードを修正し、アプリ内容を確認していきました。

    Monaca Localkit を起動し、プレビューを押すとすぐにアプリ画面が表示されます。

    初期画面→検索→画面遷移まで確認することができました。

    このように Athena 内のデータをMonaca アプリで利用することができるようになります。

     
     
    ダウンロード