今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Amazon Athena を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Athena データをDataSpider Servista から連携先として使う方法

CData JDBC Driver for Athena を使って、データ連携ツールのDataSpider Servista で Athena data データを連携利用。

DataSpider Servista は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つなぐ」データインテグレーションプラットフォームです。

CData JDBC Drivers はDataSpiderServista において、JDBC データソースとして利用することが可能です。通常のJDBC の検索・更新などのアイコンを使って、標準SQL でSaaS/Web DB のデータを扱うことを可能にします。 この記事では、DataSpider で CData JDBC Driverを利用してAthena データに外部データとしてSQL でアクセスする方法を紹介します。

CData JDBC Driver for Athena をDataSpider にコネクタとして登録

  1. JDBC Driver をDataSpider と同じサーバーにインストール
  2. DataSpider の外部JDBCドライバのパスにCData JDBC Driver を配置
    DataSpider 側:DataSpiderServista\server\plugin\data_processing\modules\jdbc_adapter
    CData 側:CData\CData JDBC Driver for AmazonAthena2019J\lib
  3. グローバルリソースのプロパティで、ドライバクラス名およびURL を入力。
    • 接続名:任意
    • 種別:デフォルト
    • 接続タイプ:接続タイプ:JDBC(JDBC接続設定)
    • ドライバクラス名:cdata.jdbc.amazonathena.AmazonAthenaDriver
    • URL:jdbc:amazonathena:AccessKey='a123';SecretKey='s123';Region='IRELAND';Database='sampledb';S3StagingDirectory='s3://bucket/staging/';
  4. Amazon Athena への接続

    Amazon Athena リクエストの認証には、アカウントの管理のクレデンシャルか、IAM ユーザーのカスタムPermission を設定します。 AccessKey にAccess Key Id、SecretKey にはSecret Access Key を設定します。

    Note: AWS アカウントアドミニストレータとしてアクセスできる場合でも、AWS サービスへの接続にはIAM ユーザークレデンシャルを使用することが推奨されます。

    Access Key の取得

    IAM ユーザーのクレデンシャル取得は以下の通り:

    1. IAM コンソールにログイン
    2. Navigation ペインでUsers を選択。
    3. To create or manage the access keys for a user, select the user and then select the Security Credentials tab.

    To obtain the credentials for your AWS root account, follow the steps below:

    1. Sign into the AWS Management console with the credentials for your root account.
    2. Select your account name or number and select My Security Credentials in the menu that is displayed.
    3. Click Continue to Security Credentials and expand the Access Keys section to manage or create root account access keys.

    Authenticating from an EC2 Instance

    If you are using the CData Data Provider for Amazon Athena 2018 from an EC2 Instance and have an IAM Role assigned to the instance, you can use the IAM Role to authenticate. To do so, set UseEC2Roles to true and leave AccessKey and SecretKey empty. The CData Data Provider for Amazon Athena 2018 will automatically obtain your IAM Role credentials and authenticate with them.

    Authenticating as an AWS Role

    In many situations it may be preferable to use an IAM role for authentication instead of the direct security credentials of an AWS root user. An AWS role may be used instead by specifying the RoleARN. This will cause the CData Data Provider for Amazon Athena 2018 to attempt to retrieve credentials for the specified role. If you are connecting to AWS (instead of already being connected such as on an EC2 instance), you must additionally specify the AccessKey and SecretKey of an IAM user to assume the role for. Roles may not be used when specifying the AccessKey and SecretKey of an AWS root user.

    Authenticating with MFA

    For users and roles that require Multi-factor Authentication, specify the MFASerialNumber and MFAToken connection properties. This will cause the CData Data Provider for Amazon Athena 2018 to submit the MFA credentials in a request to retrieve temporary authentication credentials. Note that the duration of the temporary credentials may be controlled via the TemporaryTokenDuration (default 3600 seconds).

    Connecting to Amazon Athena

    In addition to the AccessKey and SecretKey properties, specify Database, S3StagingDirectory and Region. Set Region to the region where your Amazon Athena data is hosted. Set S3StagingDirectory to a folder in S3 where you would like to store the results of queries.

    If Database is not set in the connection, the data provider connects to the default database set in Amazon Athena.

DataSpider でAthena データを連携利用する

あとは通常のRDB コンポーネントのように、Athena データを扱うことが可能です。ツールパレットのJDBC からSQL 実行やストアドプロシージャ実行コンポーネントが使用できます。

例えばAthena データの取得であれば、検索系SQL実行処理を使って、SELECT 文でAthena データを抽出することができます。

このようにCData JDBC Driver を使って、簡単にDataSpider でAthena data データをノーコードで連携利用することができます。

是非、CData JDBC Driver for Athena 30日の無償試用版 をダウンロードして、お試しください。

 
 
ダウンロード