今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for Amazon Athena を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Athena データをBoard に連携してビジュアライズを作成

Athena をBI ツールのBoard にデータ接続して、データソースとする方法。

CData ODBC Driver for Athena は、ODBC 標準に準拠しており、BI ツールからIDE まで幅広いアプリケーションでAthena への接続を提供します。 この記事では、CPM/BIツールのBoardからAthena に接続、レポートを作成する方法を説明します。

事前準備

事前にCData ODBC Driver for Athena をインストールします。

  1. インストール後、ODBCデータソースアドミニストレーターにて[システムDSN]タブをクリックし、CData Athena Source Sys(64bit or 32bit)の接続情報を構成します。(※BoardはシステムDSNのみに対応しています。ユーザーDSNの場合接続できませんので、ご注意ください。)
  2. Amazon Athena への接続

    Amazon Athena リクエストの認証には、アカウントの管理のクレデンシャルか、IAM ユーザーのカスタムPermission を設定します。 AccessKey にAccess Key Id、SecretKey にはSecret Access Key を設定します。

    Note: AWS アカウントアドミニストレータとしてアクセスできる場合でも、AWS サービスへの接続にはIAM ユーザークレデンシャルを使用することが推奨されます。

    Access Key の取得

    IAM ユーザーのクレデンシャル取得は以下の通り:

    1. IAM コンソールにログイン
    2. Navigation ペインでUsers を選択。
    3. To create or manage the access keys for a user, select the user and then select the Security Credentials tab.

    To obtain the credentials for your AWS root account, follow the steps below:

    1. Sign into the AWS Management console with the credentials for your root account.
    2. Select your account name or number and select My Security Credentials in the menu that is displayed.
    3. Click Continue to Security Credentials and expand the Access Keys section to manage or create root account access keys.

    Authenticating from an EC2 Instance

    If you are using the CData Data Provider for Amazon Athena 2018 from an EC2 Instance and have an IAM Role assigned to the instance, you can use the IAM Role to authenticate. To do so, set UseEC2Roles to true and leave AccessKey and SecretKey empty. The CData Data Provider for Amazon Athena 2018 will automatically obtain your IAM Role credentials and authenticate with them.

    Authenticating as an AWS Role

    In many situations it may be preferable to use an IAM role for authentication instead of the direct security credentials of an AWS root user. An AWS role may be used instead by specifying the RoleARN. This will cause the CData Data Provider for Amazon Athena 2018 to attempt to retrieve credentials for the specified role. If you are connecting to AWS (instead of already being connected such as on an EC2 instance), you must additionally specify the AccessKey and SecretKey of an IAM user to assume the role for. Roles may not be used when specifying the AccessKey and SecretKey of an AWS root user.

    Authenticating with MFA

    For users and roles that require Multi-factor Authentication, specify the MFASerialNumber and MFAToken connection properties. This will cause the CData Data Provider for Amazon Athena 2018 to submit the MFA credentials in a request to retrieve temporary authentication credentials. Note that the duration of the temporary credentials may be controlled via the TemporaryTokenDuration (default 3600 seconds).

    Connecting to Amazon Athena

    In addition to the AccessKey and SecretKey properties, specify Database, S3StagingDirectory and Region. Set Region to the region where your Amazon Athena data is hosted. Set S3StagingDirectory to a folder in S3 where you would like to store the results of queries.

    If Database is not set in the connection, the data provider connects to the default database set in Amazon Athena.

Board DB の作成

最初にBoardの接続情報やキューブ等を格納するDBを作成します。

  1. Boardを立ち上げて、任意の接続先へ接続します。
  2. [Database]タブから[New DB]をクリックします。
  3. 開いたDB作成用ウィンドウにて、任意の[Database name][Language][From Year][To Year]を入力し[OK]をクリックします。

SQL FastTrackを用いたODBCデータソースからのデータロード

次にSQL FastTrackの機能を用いてODBCデータソースから Athena のデータをBoard上にロードします。

  1. [Database]タブの[SQL FastTrack]をクリックし、Data souceの[New]ボタンをクリックします。
  2. 接続先を設定するためのウィンドウが表示されますので、[OLE-DB Wizard]をクリックします。
  3. 開いたデータリンクプロパティの[プロバイダー]タブから[Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers]を選択し、[次へ]をクリックします。
  4. [接続タブ]の[1.データソースを指定します]から事前に設定したODBC DSNを選択し、[3.使用する初期カタログを入力します]に[CData]を入力の上、[OK]をクリックします。
  5. 任意の[Name]を入力し[Save & Connect]をクリックします。
  6. SQL FastTrackの画面に戻った後、[Connect]をクリックします。
  7. Connectをクリック後、Data souce画面左側に Athena のテーブル一覧が表示されます。分析対象とするテーブルをダブルクリックすると、自動的にSQL クエリが記述されます。記述内容を確認の上、[Execute Query]をクリックします。
  8. Execute Queryをクリックすると、テーブルに格納された項目一覧が以下の図のように表示されます。分析で使用したい任意の項目を[Code][Desc][Cube]のいずれかにチェックを入れ、Cube/Entityを入力し、Track実行ボタンをクリックします。
  9. 確認ダイアログが表示されますので、[Yes]をクリックします。
  10. SQL FastTrackの機能により、ODBC データソースからデータがロードされ、自動的にEntityとCubeが生成されます。
  11. 以下のダイアログが表示されれば、Boardへのデータロードは完了です。

グラフの作成

ロードしたデータを元に簡単なグラフの作成方法を紹介します。

  1. 最初に各種Screenを格納するためのCapsuleを作成します。[Home]タブを選択し[Capsule]から[New Capsule]をクリックします。
  2. 任意の[Capsule Name]を入力し[OK]をクリックします。
  3. 続いてScreenを作成するための画面が表示されるため任意の[Screen Name]を入力し[OK]をクリックします。
  4. Screenが作成されると、ChartやDataViewを配置することが可能になります。[Charts]から[Chart]を選択し、Screenにドラッグ・アンド・ドロップでChartを配置します。
  5. 以下のようにChartを配置後、右クリックメニューで[Layout]をクリックします。
  6. LayoutでChart上のValueとして扱う値を指定します。[Data]タブから[Double-click here to create a block]の箇所をダブルクリックします。
  7. [Data Selection]から先程のSQL FastTrackにてCubeの指定をした任意の値を選択し[OK]をクリックします。
  8. 続いて[Axes]タブをクリックし、先程指定した値の分析軸とするBy Rowに任意の項目を選択し[OK]をクリックします。
  9. 設定完了後、以下のようにグラフが表示されます。

このようにAmazonAthena 内のデータをAPI を書くことなくBoard上で利用することができるようになります。

 
 
ダウンロード