Apache Cassandra へのAmazon Athena データの自動反復レプリケーション

Apache Cassandra にCData Sync を使って、Amazon Athena データを自動、反復、フレキシブルにレプリケーション。

常時起動のアプリケーションは、自動フェイルオーバー機能およびリアルタイムなデータアクセスを必要とします。CData Sync は、Apache Cassandra インスタンスに直近のAmazon Athena を反復同期します。CData Sync で、アーカイブ、レポーティング、アナリティクス、機械学習、AI などで使えるよう、企業内の多様なデータを一か所に統合して管理することが可能になります

Cassandra をレプリケーションの同期先に設定

CData Sync を使って、Apache Cassandra にAmazon Athena をレプリケーションします。レプリケーションの同期先を追加するには、[接続]タブを開きます。

  1. [同期先]タブをクリックします。
  2. Apache Cassandra を同期先として選択します。
  3. 必要な接続プロパティを入力します。CData Sync は、ログインクレデンシャルを使ったベーシック認証および、DataStax Enterprise(DSE)Cassandra の認証をサポートしています。以下が、認証メソッドで要求される接続プロパティです。

    AuthScheme を対応するシステムの認証に設定します。cassandra.yaml ファイルの認証方法にauthenticator プロパティを設定します。ファイルは通常/etc/dse/cassandra か、DSN Cassandra では、DSE Unified Authonticator にあります。

    Basic Authentication

    ベーシック認証は、Cassandra のビルトインのデフォルトPasswordAuthenticator でサポートされています。

    • AuthScheme プロパティを 'BASIC' に設定し、Userおよび Password プロパティを設定します。
    • cassandra.yaml ファイルでauthenticator プロパティを 'PasswordAuthenticator' に設定します。

    Kerberos 認証

    Kerberos 認証は、DataStax Enterprise Unified Authentication でサポートされています。

    • AuthScheme プロパティを 'KERBEROS' に設定し、Userおよび Password プロパティを設定します。
    • SKerberosKDCKerberosRealmKerberosSPN プロパティを設定します。
    • cassandra.yaml ファイルでauthenticator プロパティを "com.datastax.bdp.cassandra.auth.DseAuthenticator" に設定します。
    • dse.yaml ファイルのauthentication_options セクションを変更し、keytab、service_principle、http_principle、qop プロパティを'kerberos' に設定します。
    • dse.yaml ファイルの セクションを変更し、keytab、service_principle、http_principle、qop プロパティを設定します。

    LDAP 認証

    LDAP 認証は、DataStax Enterprise Unified Authentication でサポートされています。

    • AuthScheme プロパティを 'LDAP' に設定し、Userおよび Password プロパティを設定します。
    • cassandra.yaml ファイルでauthenticator プロパティを "com.datastax.bdp.cassandra.auth.DseAuthenticator" に設定します。
    • dse.yaml ファイルのauthentication_options セクションを変更し、keytab、service_principle、http_principle、qop プロパティを'ldap' に設定します。
    • dse.yaml ファイルのldap_options セクションを変更し、server_host、server_port、search_dn、search_password、user_search_base、user_search_filter プロパティを設定します。

    PKI の使用

    CData Sync でクライアント証明書をSSLClientCertSSLClientCertTypeSSLClientCertSubjectSSLClientCertPassword で指定できます。

  4. [接続のテスト]をクリックして、正しく接続できているかをテストします。
  5. [変更を保存]をクリックします。

Amazon Athena 接続の設定

データソース側にAmazon Athena を設定します。[接続]タブをクリックします。

  1. [同期先]タブをクリックします。
  2. Amazon Athena アイコンをデータソースとして選択します。プリインストールされたソースにAmazon Athena がない場合には、追加データソースとしてダウンロードします。
  3. 接続プロパティに入力をします。

    Amazon Athena への接続

    Amazon Athena リクエストの認証には、アカウントの管理のクレデンシャルか、IAM ユーザーのカスタムPermission を設定します。 AccessKey にAccess Key Id、SecretKey にはSecret Access Key を設定します。

    Note: AWS アカウントアドミニストレータとしてアクセスできる場合でも、AWS サービスへの接続にはIAM ユーザークレデンシャルを使用することが推奨されます。

    Access Key の取得

    IAM ユーザーのクレデンシャル取得は以下のとおり:

    1. IAM コンソールにログイン。
    2. Navigation ペインで[ユーザー]を選択。
    3. ユーザーのアクセスキーを作成または管理するには、ユーザーを選択してから[セキュリティ認証情報]タブを選択。

    AWS ルートアカウントのクレデンシャル取得は以下のとおり:

    1. ルートアカウントの資格情報を使用してAWS 管理コンソールにサインイン。
    2. アカウント名または番号を選択し、表示されたメニューで[My Security Credentials]を選択。
    3. [Continue to Security Credentials]をクリックし、[Access Keys]セクションを展開して、ルートアカウントのアクセスキーを管理または作成。

    EC2 インスタンスからの認証

    EC2 インスタンスから本製品を使用していて、そのインスタンスにIAM ロールが割り当てられている場合は、認証にIAM ロールを使用できます。 これを行うには、UseEC2Roles をtrue に設定しAccessKeySecretKey を空のままにします。 本製品は自動的にIAM ロールの認証情報を取得し、それらを使って認証します。

    AWS ロールとして認証

    多くの場合、認証にはAWS ルートユーザーのダイレクトなセキュリティ認証情報ではなく、IAM ロールを使用することをお勧めします。 代わりにRoleARN を指定してAWS ロールを使用できます。これにより、本製品は指定されたロールの資格情報を取得しようと試みます。 (すでにEC2 インスタンスなどで接続されているのではなく)AWS に接続している場合は、役割を担うIAM ユーザーのAccessKeySecretKey を追加で指定する必要があります。AWS ルートユーザーのAccessKey およびSecretKey を指定する場合、 ロールは使用できません。

    MFA での認証

    多要素認証を必要とするユーザーおよびロールには、MFASerialNumber およびMFAToken 接続プロパティを指定してください。 これにより、本製品は一時的な認証資格情報を取得するために、リクエストでMFA 認証情報を送信します。一時的な認証情報の有効期間 (デフォルトは3600秒)は、TemporaryTokenDuration プロパティを介して制御できます。

    Amazon Athena への接続

    AccessKeySecretKey プロパティに加え、DatabaseS3StagingDirectoryRegion を設定します。Region をAmazon Athena データがホストされているリージョンに設定します。S3StagingDirectory をクエリの結果を格納したいS3内のフォルダに設定します。

    接続にDatabase が設定されていない場合は、本製品はAmazon Athena に設定されているデフォルトデータベースに接続します。

  4. [接続のテスト]をクリックして、正しく接続できているかをテストします。
  5. [変更を保存]をクリックします。

レプリケーションを実行するクエリの設定

CData Sync はレプリケーションをコントロールするSQL クエリを簡単なGUI 操作で設定できます。レプリケーションジョブ設定には、[ジョブ]タブに進み、[ジョブを追加]ボタンをクリックします。 次にデータソースおよび同期先をそれぞれドロップダウンから選択します。

テーブル全体をレプリケーションする

テーブル全体をレプリケーションするには、[テーブル]セクションで[テーブルを追加]をクリックします。表示されたテーブルリストからレプリケーションするテーブルをチェックします。

テーブルをカスタマイズしてレプリケーションする

レプリケーションはテーブル全体ではなく、カスタマイズが可能です。[変更]機能を使えば、レプリケーションするカラムの指定、同期先でのカラム名を変更しての保存、ソースデータの各種加工が可能です。レプリケーションのカスタマイズには、ジョブの[変更]ボタンをクリックしてカスタマイズウィンドウを開いて操作を行います。

レプリケーションのスケジュール起動設定

[スケジュール]セクションでは、レプリケーションジョブの自動起動スケジュール設定が可能です。反復同期間隔は、15分おきから毎月1回までの間で設定が可能です。

レプリケーションジョブを設定したら、[変更を保存]ボタンを押して保存しますAmazon Athena のApache Cassandra へのレプリケーションジョブは一つではなく複数を作成することが可能です。

 
 
ダウンロード