IntelliJ からAuthorize.Net データに連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Authorize.Net JDBC Driver

Authorize.NET クライアントを使用すると、Transaction、Customers、BatchStatistic データなどをJava アプリケーションから手軽に連携できます。



IntelliJ のウィザードを使用してAuthorize.Net への接続を統合します。

CData JDBC Driver for Authorize.Net を使用することで、JDBC データソースとしてAuthorize.Net にアクセスでき、IDE の迅速な開発ツールとの統合が可能になります。この記事では、データソース構成ウィザードを使用してIntelliJ のAuthorize.Net に接続する方法を示します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

JBDC Data Source for Authorize.Net の作成

以下のステップに従ってドライバーJAR を追加し、Authorize.Net への接続に必要な接続プロパティを定義します。

  1. [Data Sources]ウィンドウで右クリックし、[Add Data Source]->[DB Data Source]と進みます。
  2. 表示される[Data Source Properties]ダイアログでは、次のプロパティが必要です。

    • JDBC Driver Files:このメニューの隣にあるボタンをクリックし、インストールディレクトリのJDBC ドライバーファイル(cdata.jdbc.authorizenet.jar)を追加します。
    • JDBC Driver Class:このメニューで、リストからcdata.jdbc.authorizenet.AuthorizeNet ドライバーを選択します。
    • Database URL:JDBC URL プロパティで接続URL を入力します。URL は、jdbc:authorizenet: で始まり、セミコロンで区切られた接続プロパティが含まれています。

      Merchant アカウントにログインして、「Security Settings」->「General Settings」ページから必要な接続値を取得できます。

      • UseSandbox:トランザクション処理に使われる&service; API。プロダクションアカウントを使用している場合、このプロパティを指定する必要はありません。開発アカウントを利用している場合には、このプロパティをTrue に設定します。
      • LoginID:ペイメントゲートウェイアカウントに紐づいているAPI ログインId。このプロパティは、利用者がウェブサイトトランザクションを送信する権限があるかを認証するために使われます。Merchant Interface にログインするときのログインId とは異なります。
      • TransactionKey:ペイメントゲートウェイアカウントに紐づいているトランザクションキー。このプロパティは、利用者がウェブサイトトランザクションを送信する権限があるかを認証するために使われます。

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、Authorize.Net JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.authorizenet.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      以下は一般的なJDBC URL です。

      jdbc:authorizenet:LoginId=MyLoginId;TransactionKey=MyTransactionKey;

Authorize.Net データの編集・保存

スキーマ情報を見つけるには、作成したデータソースを右クリックし、[Refresh Tables]をクリックします。 テーブルを右クリックし、[Open Tables Editor]をクリックして、テーブルをクエリします。