Authorize.Net データ のPostgreSQL インターフェースを作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Authorize.Net JDBC Driver

Authorize.NET クライアントを使用すると、Transaction、Customers、BatchStatistic データなどをJava アプリケーションから手軽に連携できます。



Authorize.Net JDBC Driver のリモート機能を使用し、データアクセス用のPostgreSQL エントリポイントを作成します。

インターネット上には、多くのPostgreSQL クライアントがあります。標準のドライバーからBI、アナリティクスツールまで、PostgreSQL はデータアクセスのための一般的なインターフェースです。 JDBC ドライバーを使用することで、簡単に任意の標準クライアントから接続できるPostgreSQL エントリポイントを作成できます。

Authorize.Net にPostgreSQL データベースとしてアクセスするには、CData JDBC Driver for Authorize.Net とJDBC foreign data wrapper (FDW) を使用します。ここでは、FDW をコンパイルしてインストールし、PostgreSQL サーバーからAuthorize.Net にクエリを実行します。

JDBC データソースとしてAuthorize.Net データに接続する

JDBC データソースとしてAuthorize.Net に接続するには、以下が必要です。

  • Driver JAR path:
  • JAR は、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。
  • Driver class: cdata.jdbc.authorizenet.AuthorizeNetDriver

  • JDBC URL: URL は、"jdbc:authorizenet:" で始まり、セミコロンで区切られた名前と値の組み合わせで任意の接続プロパティを含めることができます。

    Merchant アカウントにログインして、「Security Settings」->「General Settings」ページから必要な接続値を取得できます。

    • UseSandbox:トランザクション処理に使われる&service; API。プロダクションアカウントを使用している場合、このプロパティを指定する必要はありません。開発アカウントを利用している場合には、このプロパティをTrue に設定します。
    • LoginID:ペイメントゲートウェイアカウントに紐づいているAPI ログインId。このプロパティは、利用者がウェブサイトトランザクションを送信する権限があるかを認証するために使われます。Merchant Interface にログインするときのログインId とは異なります。
    • TransactionKey:ペイメントゲートウェイアカウントに紐づいているトランザクションキー。このプロパティは、利用者がウェブサイトトランザクションを送信する権限があるかを認証するために使われます。

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、Authorize.Net JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.authorizenet.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    以下は一般的なJDBC URL です。

    jdbc:authorizenet:LoginId=MyLoginId;TransactionKey=MyTransactionKey;

JDBC FDW を構築する

FDW は、PostgreSQL を再コンパイルせずに、PostgreSQL の拡張機能としてインストールできます。例としてjdbc2_fdw 拡張子を使用します。

  1. ご使用のバージョンのJRE 共有オブジェクトから、/usr/lib/libjvm.so にシンボリックリンクを追加します。例: ln -s /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/lib/amd64/server/libjvm.so /usr/lib/libjvm.so
  2. ビルドを開始する: make install USE_PGXS=1

Authorize.Net データをPostgreSQL データベースとしてクエリする

拡張機能をインストールした後、以下のステップに従ってAuthorize.Net へのクエリの実行を開始します。

  1. データベースにログインします。
  2. データベースの拡張機能をロードする: CREATE EXTENSION jdbc2_fdw;
  3. Authorize.Net のオブジェクトを作成する: CREATE SERVER AuthorizeNet FOREIGN DATA WRAPPER jdbc2_fdw OPTIONS ( drivername 'cdata.jdbc.authorizenet.AuthorizeNetDriver', url 'jdbc:authorizenet:LoginId=MyLoginId;TransactionKey=MyTransactionKey;', querytimeout '15', jarfile '/home/MyUser/CData/CData\ JDBC\ Driver\ for\ Salesforce MyDriverEdition/lib/cdata.jdbc.authorizenet.jar');
  4. MySQL デーモンに認識されているユーザーのユーザー名とパスワードのユーザーマッピングを作成します。 CREATE USER MAPPING for postgres SERVER AuthorizeNet OPTIONS ( username 'admin', password 'test');
  5. ローカルデータベースに外部テーブルを作成する: postgres=# CREATE FOREIGN TABLE settledbatchlist ( settledbatchlist_id text, settledbatchlist_MarketType text, settledbatchlist_TotalCharge numeric) SERVER AuthorizeNet OPTIONS ( table_name 'settledbatchlist');
Authorize.Net に対してSELECTコマンドを実行可能にする: postgres=# SELECT * FROM settledbatchlist;