MySQL のFederated Table としてAuthorize.Net データを連携利用する

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Authorize.Net ODBC Driver

Authorize.Net ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからAuthorize.Net データに連携。

標準ODBC インターフェースでAuthorize.NET のTransactions、Customers、BatchStatistics などに接続可能に。



SQL Gateway とODBC Driver を使ってAuthorize.Net のMySQL Federated Table を構築する。

SQL Gateway を使って、MySQL リモーティングサービスを作成し、Authorize.Net のMySQL Federated Table を構築できます。CData ODBC Driver for Authorize.Net のMySQL インターフェースのdeamon になります。サービス起動後、MySQL のFEDERATED ストレージエンジンを使ってサーバーおよびテーブルを作成します。Authorize.Net data をMySQL テーブルのように使いましょう。

Authorize.Net データへの接続

If you have not already done so, provide values for the required connection properties in the data source name (DSN). You can use the built-in Microsoft ODBC Data Source Administrator to configure the DSN. This is also the last step of the driver installation. See the "Getting Started" chapter in the help documentation for a guide to using the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure a DSN.

Merchant アカウントにログインして、「Security Settings」->「General Settings」ページから必要な接続値を取得できます。

  • UseSandbox:トランザクション処理に使われる&service; API。プロダクションアカウントを使用している場合、このプロパティを指定する必要はありません。開発アカウントを利用している場合には、このプロパティをTrue に設定します。
  • LoginID:ペイメントゲートウェイアカウントに紐づいているAPI ログインId。このプロパティは、利用者がウェブサイトトランザクションを送信する権限があるかを認証するために使われます。Merchant Interface にログインするときのログインId とは異なります。
  • TransactionKey:ペイメントゲートウェイアカウントに紐づいているトランザクションキー。このプロパティは、利用者がウェブサイトトランザクションを送信する権限があるかを認証するために使われます。

SQL Gateway の設定

See the SQL Gateway Overview to set up connectivity to Authorize.Net data as a virtual MySQL database. You will configure a MySQL remoting service that listens for MySQL requests from clients. The service can be configured in the SQL Gateway UI.

Authorize.Net Data のFEDERATED サーバーおよびテーブルを作成

After you have configured and started the service, create a FEDERATED server to simplify the process of creating FEDERATED tables:

FEDERATED サーバーの作成

The following statement will create a FEDERATED server based on the ODBC Driver for Authorize.Net. Note that the username and password of the FEDERATED server must match a user account you defined on the Users tab of the SQL Gateway.

CREATE SERVER fedAuthorizeNet
FOREIGN DATA WRAPPER mysql
OPTIONS (USER 'sql_gateway_user', PASSWORD 'sql_gateway_passwd', HOST 'sql_gateway_host', PORT ####, DATABASE 'CData AuthorizeNet Sys');

FEDERATED テーブルの作成

To create a FEDERATED table using our newly created server, use the CONNECTION keyword and pass the name of the FEDERATED server and the remote table (SettledBatchList). Refer to the following template for the statement to create a FEDERATED table:

CREATE TABLE fed_settledbatchlist (
  ...,
  markettype  TYPE(LEN),
  totalcharge  TYPE(LEN),
  ...,
)
ENGINE=FEDERATED
DEFAULT CHARSET=latin1
CONNECTION='fedAuthorizeNet/settledbatchlist';

NOTE: The table schema for the FEDERATED table must match the remote table schema exactly. You can always connect directly to the MySQL remoting service using any MySQL client and run a SHOW CREATE TABLE query to get the table schema.

クエリの実行

You can now execute queries to the Authorize.Net FEDERATED tables from any tool that can connect to MySQL, which is particularly useful if you need to JOIN data from a local table with data from Authorize.Net. Refer to the following example:

SELECT 
  fed_settledbatchlist.markettype, 
  local_table.custom_field 
FROM 
  local_table 
JOIN 
  fed_settledbatchlist 
ON 
  local_table.foreign_markettype = fed_settledbatchlist.markettype;