製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

PyCharm でCData ODBC Driver for Authorize.Net を使ってみた

Authorize.Net にODBC データソースとしてPyCharm から連携。

CData ODBC Drivers は、ODBC をサポートするあらゆる環境から利用可能です。 本記事では、PyCharm からのCData ODBC Driver for Authorize.Net の利用を説明します。ODBC Deriver をデータソースとして設定する方法、データソースをクエリするPyCharm のベーシックな方法を含みます。

To begin, this tutorial will assume that you have already installed the CData ODBC Driver for Authorize.Net as well as PyCharm.

Pyodbc をプロジェクトに追加

Follow the steps below to add the pyodbc module to your project.

  1. Click File -> Settings to open the project settings window.
  2. Click Project Interpreter from the Project: YourProjectName menu.
  3. To add pyodbc, click the + button and enter pyodbc.
  4. Click Install Package to install pyodbc.

Authorize.Net への接続

You can now connect with an ODBC connection string or a DSN. See the Getting Started section in the CData driver documentation for a guide to creating a DSN on your OS.

Merchant アカウントにログインして、[Security Settings]->[General Settings]ページから必要な接続値を取得できます。

  • UseSandbox:トランザクション処理に使われる&service; API。プロダクションアカウントを使用している場合、このプロパティを指定する必要はありません。開発アカウントを利用している場合には、このプロパティをTrue に設定します。
  • LoginID:ペイメントゲートウェイアカウントに紐づいているAPI ログインId。このプロパティは、利用者がウェブサイトトランザクションを送信する権限があるかを認証するために使われます。Merchant Interface にログインするときのログインId とは異なります。
  • TransactionKey:ペイメントゲートウェイアカウントに紐づいているトランザクションキー。このプロパティは、利用者がウェブサイトトランザクションを送信する権限があるかを認証するために使われます。

Below is the syntax for a DSN:

[CData AuthorizeNet Source] Driver = CData ODBC Driver for Authorize.Net Description = My Description LoginId = MyLoginId TransactionKey = MyTransactionKey

Authorize.Net へのクエリの実行

Instantiate a Cursor and use the execute method of the Cursor class to execute any SQL statement.

import pyodbc cnxn = pyodbc.connect('DRIVER={CData ODBC Driver for AuthorizeNet};LoginId = MyLoginId;TransactionKey = MyTransactionKey;') cursor = cnxn.cursor() cursor.execute("SELECT MarketType, TotalCharge FROM SettledBatchList WHERE IncludeStatistics = 'True'") rows = cursor.fetchall() for row in rows: print(row.MarketType, row.TotalCharge)

After connecting to Authorize.Net in PyCharm using the CData ODBC Driver, you will be able to build Python apps with access to Authorize.Net data as if it were a standard database. If you have any questions, comments, or feedback regarding this tutorial, please contact us at support@cdata.com.

 
 
ダウンロード