PyCharm でのCData ODBC Driver for AvalaraAvatax の使用

CData ODBC Driver for AvalaraAvatax を使用して、ODBC データソースとしてPyCharm からAvalara AvaTax に接続します。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2018-03-14
avalara ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
PyCharm ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

CData ODBC Drivers は、ODBC ドライバーをサポートするあらゆる環境から利用可能です。本記事では、PyCharm からのCData ODBC Driver for AvalaraAvatax の利用を説明します。CData ODBC Deriver をデータソースとして設定する方法、データソースをクエリして結果を表示するためのPyCharm の簡単なコードを含みます。

はじめに、このチュートリアルではCData ODBC Driver for AvalaraAvatax とPyCharm が、既にインストールされていることを前提としています。

Pyodbc をプロジェクトに追加

以下のステップに従って、pyodbc モジュールをプロジェクトに追加します。

  1. File]->[Settings]とクリックして[project settings]ウィンドウを開きます。
  2. Project: YourProjectName]メニューから[Project Interpreter]をクリックします。
  3. pyodbc を追加するため、+ ボタンをクリックしてpyodbc と入力します。
  4. Install Package]をクリックしてpyodbc をインストールします。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持ったリアルタイムデータ連携ソリューションです。

  1. Avalara AvaTax をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレミスデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにAvalara AvaTax データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準 SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてAvalara AvaTax の接続を設定、2.PyCharm 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとAvalara AvaTax への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからAvalaraAvatax ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

これで、ODBC 接続文字列またはDSN で接続できます。お客様のOS でDSN を作成するためのガイドについては、CData ドライバードキュメントの[はじめに]セクションを参照してください。

Basic 認証を実行する通常の方法は、次のログイン資格情報を提供することです。

  • User:ユーザー名に設定します。
  • Password:パスワードに設定します。

サンドボックス環境を使用している場合には、オプションで次を設定してください。

  • UseSandbox:サンドボックスアカウントで認証する場合にはこれをtrue に設定します。

アカウント番号とライセンスキーを使用して認証する

または、アカウント番号とライセンスキーを使用して認証することもできます。次を使用してデータに接続します。

  • AccountId:これをアカウントId に設定します。アカウントId は管理コンソールの右上端にリストされています。
  • LicenseKey:これをAvalara Avatax のライセンスキーに設定します。ライセンスキーの生成は、Avalara Avatax アカウント管理者としてログインして Settings -> Reset License Key に移動して実行できます。

以下はDSN の構文です。

[CData AvalaraAvatax Source] Driver = CData ODBC Driver for AvalaraAvatax Description = My Description User = MyUser Password = MyPassword

Avalara AvaTax へのクエリの実行

Cursor をインスタンス化し、Cursor クラスのexecute メソッドを使用してSQL ステートメントを実行します。

import pyodbc cnxn = pyodbc.connect('DRIVER={CData ODBC Driver for AvalaraAvatax};User = MyUser;Password = MyPassword;') cursor = cnxn.cursor() cursor.execute("SELECT Id, TotalTax FROM Transactions WHERE Code = '051349'") rows = cursor.fetchall() for row in rows: print(row.Id, row.TotalTax)

CData ODBC Driver を使用してPyCharm でAvalara AvaTax に接続すると、Avalara AvaTax にアクセスできるPython アプリケーションを標準データベースのように構築できるようになります。このチュートリアルに関する質問、コメント、フィードバックがある場合には、support@cdata.com までご連絡ください。

Avalara AvaTax からPyCharm へのデータ連携には、ぜひCData ODBC Driver をご利用ください

このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

CData ODBC Driver は日本のユーザー向けに、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。