SharePoint Excel Services からCData ODBC Driver for Azure Table を使用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Azure ODBC Driver

Azure テーブルODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなAzure テーブルデータに接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにAzure テーブルストレージにアクセスし、データの読み、書き、更新を実行できます。



この記事では、CData ODBC Driver for Azure Table を使用して、SharePoint のオンプレミスエディションでExcel からAzure Table に接続する方法を説明します。SharePoint ユーザーは、このテクニックによってExcel でAzure Table データを使用したレポートやスコアカード、ダッシュボードを作成できます。

CData ODBC Driver for Azure Table には、Excel のビルトインデータアクセスツールを使用してアクセスできます。この記事では、CData ODBC Driver for Azure Table を使用して、SharePoint のオンプレミスエディションでExcel スプレッドシートからAzure Table に接続する方法を説明します。

ODBC Data Source としてAzure Table に接続

未指定の場合は、初めにODBC DSN(data source name)で接続プロパティを指定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および構成できます。

Account プロパティをストレージアカウント名に設定し、ストレージアカウントのAccessKey を設定して接続します。これらの値を取得する方法は次のとおりです。

ストレージをBackend として使用している場合(デフォルト):

  • 「Azure」ポータルにログインし、左側の「サービス」メニューで「ストレージアカウント」を選択します。
  • ストレージアカウントがない場合は、「追加」ボタンをクリックしてアカウントを作成します。
  • 使用するストレージアカウントのリンクをクリックし、「設定」の「アクセスキー」を選択します。 「アクセスキー」ウィンドウには、ストレージアカウント名と本製品で使用するキー(接続にはkey1またはkey2のどちらかを使用できます)が含まれています。これらのプロパティは、それぞれAccount とAccessKey 接続プロパティにマッピングされます。

  • 「Azure」ポータルにログインし、左側の「サービス」メニューで「Azure Cosmos DB」を選択します。
  • 使用するCosmos DB アカウントのリンクをクリックし、「設定」の「接続文字列」を選択します。 「接続文字列」ウィンドウには、Cosmos DB アカウント名と本製品で使用する主キーが含まれています。これらのプロパティは、それぞれAccount とAccessKey 接続プロパティにマッピングされます。

Excel サービスを構成

ODBC DSN の構成後、DSN を使用して接続するようにExcel Services を設定できます。このためには、OLE DB プロバイダを信頼できるデータソースとして設定する必要があります。また、ODBC ドライバーでシングルサインオン機能を有効にするためにSecure Store Service を使用するかどうかを決定する必要があります。必要に応じてExcel Services Unattended アカウントを使用することで、以下のステップ3までスキップできます。

  1. はじめに、シングルサインオンを使用するようにセキュアストアアプリケーションを設定します。[SharePoint Central Administration]で、[Application Management]->[Manage Service Applications]と移動します。セキュアストアサービスアプリケーションを選択するか、新しく作成します。[Edit]メニューの[Manage]をクリックしてアプリケーションの編集を始めます。
  2. 新しいターゲットアプリケーションを作成します。
  3. このアプリケーションにアクセスできるユーザーのリストを設定できます。アプリが作成できたら、あとからシングルサインオンで使用できるように、アプリケーションに資格情報を設定する必要があります。
  4. [SharePoint Central Administration]で[Application Management]->[Manage Service Applications]と移動します。組織で使用されているExcel Services アプリケーションを選択します。まだ存在しない場合には作成します。[Manage]をクリックします。新しいアプリを作成する場合は、サービスアプリケーションのプロキシをファームのデフォルトのプロキシリストに追加するオプションをオンにします。
  5. [Trusted Data Providers]をクリックして新しい信頼されたプロバイダを追加します。Provider ID を[MSDASQL.1]に設定し、タイプは[OLE DB]のままにします。[OK]をクリックして信頼されたプロバイダのリストに新しいプロバイダを追加します。

Excel でのAzure Table データへの接続とインポート

DSN へのアクセスを有効にして保護した後、Excel のリボンからデータソースにアクセスできます。

  1. Excel スプレッドシートで、[Data]タブを開き、[From Other Sources]->[From Data Connection Wizard]をクリックします。
  2. タイプとして[Other/Advanced]を選択し、次の画面で[Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers]を選択します。[Connection]タブで、システムDSN であるCData AzureTables Sysを選択します。ドライバーをインストールすると、一致するユーザーとシステムのDSN が自動的に作成されます。SharePoint から接続するには、システムDSN が必要です。
  3. 接続するテーブルを選択します。
  4. ウィザードでの最後のステップで、[Authentication Settings]ボタンをクリックします。[Use a stored account]を選択し、以前作成したセキュアストアターゲットアプリケーションの名前を入力します。または、[Unattended Service Account]を使用する場合は、[None]を選択します。
  5. ウィザードを終了すると、データがスプレッドシートにインポートされます。Azure Table データをSharePoint から直接更新したり、保存できるようになりました。