Azure Active Directory ODBC データソースとの間にInformatica マッピングを作成

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Azure Active Directory ODBC Driver

Azure Active Directory ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなAzure Active Directory アカウントデータに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにAzure Active Directory データにアクセスし、読み、書き、更新を実行できます。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Informatica にAzure Active Directory へのODBC 接続を作成し、Azure Active Directory データを参照および転送。



Informatica はデータを転送、変換するための強力で洗練された手段です。CData ODBC Driver for Azure Active Directory は、Informatica の強力なデータ転送・変換機能とシームレスに連携可能な、業界で実証済みの標準ドライバです。このチュートリアルでは、Informatica PowerCenter でAzure Active Directory データを転送および参照する方法を説明します。

Azure Active Directory にODBC データソースとして接続する

Azure Active Directory への接続に関する情報と、Windows およびLinux 環境でのDSN の設定手順を以下で説明します。

Azure Active Directory uses the OAuth authentication standard. To authenticate using OAuth, you will need to create an app to obtain the OAuthClientId, OAuthClientSecret, and CallbackURL connection properties. See the OAuth section in the Help documentation for an authentication guide.

Windows

接続プロパティが未設定の場合は、まずODBC DSN(データソース名)で設定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

Linux

CData ODBC Driver for Azure Active Directory をLinux 環境にインストールする場合、ドライバーのインストールによってDSN が事前に定義されます。DSN を変更するには、システムデータソースファイル(/etc/odbc.ini)を編集し、必要な接続プロパティを定義します。

/etc/odbc.ini

[CData AzureAD Source] Driver = CData ODBC Driver for Azure Active Directory Description = My Description OAuthClientId = MyApplicationId OAuthClientSecret = MySecretKey CallbackURL = http://localhost:33333

これらの構成ファイルの使用方法については、オンラインのヘルプドキュメントを参照してください。

Domains データへのリンクテーブルを作成する

「オブジェクトエクスプローラー」からリンクテーブルを作成してライブDomains データにアクセスする方法は、次のとおりです。

ODBC 接続を作成する

下記の手順に従って、Informatica PowerCenter のAzure Active Directory に接続します。

  1. Informatica Developer ツールで、リポジトリに接続してプロジェクトを作成しておきます。
  2. 「Connection Explorer」ペインで右クリックし、「Create a Connection」をクリックします。
  3. 「New Database Connection」ウィザードが表示されたら、接続に名前とID を入力し、「Type」メニューで「ODBC」を選択します。
  4. 「Connection String」プロパティにjdbc:azuread:OAuthClientId=MyApplicationId;OAuthClientSecret=MySecretKey;CallbackURL=http://localhost:33333; を入力します。

注意:Linux オペレーティングシステムで作業している場合は、「Driver Manager for Linux」プロパティをunixODBC 2.3.x に設定します。

Azure Active Directory データオブジェクトを作成する

Azure Active Directory へのODBC 接続を作成したら、Informatica でAzure Active Directory エンティティにアクセスできるようになります。下記の手順に従って、Domains エンティティをプロジェクトに追加します。

  1. 「Object Explorer」でプロジェクトを右クリックし、「New」->「Data Object」をクリックします。
  2. ウィザードが表示されたら「Relational Data Object」オプションを選択します。
  3. 「Connection」ボックス横にある「Browse」ボタンをクリックし、先に作成したODBC 接続を選択します。
  4. 既存のリソースからデータオブジェクトを作成するオプションを選択し、「Resource」ボックス横にある「Browse」ボタンをクリックします。
  5. ダイアログが表示されたら、「Show Default Schema Only」オプションの選択を解除してODBC 接続のノードを展開します。必要なエンティティを選択します。

これで、Data Viewer でテーブルをブラウズできます。テーブル用ノードを右クリックし「Open」をクリックします。「Data Viewer」ビューで「Run」をクリックします。

マッピングを作成する

下記の手順に従って、Azure Active Directory ソースをマッピングに追加します。

  1. 「Object Explorer」でプロジェクトを右クリックし、「New」->「Mapping」をクリックします。
  2. Azure Active Directory 接続のノードを展開してから、テーブル用のデータオブジェクトをエディタ上にドラッグします。
  3. ダイアログが表示されたら「Read」オプションを選択します。

以下のステップに従って、Azure Active Directory カラムをフラットファイルにマッピングします。

  1. 「Object Explorer」でプロジェクトを右クリックし、「New」->「Data Object」をクリックします。
  2. 「Flat File Data Object」->「Create as Empty」->「Fixed Width」と選択します。
  3. Azure Active Directory オブジェクトのプロパティで目的の行を選択して右クリックし、コピーします。コピーした行をフラットファイルプロパティにペーストします。
  4. フラットファイルのデータオブジェクトをマッピングにドラッグします。ダイアログが表示されたら「Write」オプションを選択します。
  5. クリックおよびドラッグしてカラムを接続します。

Azure Active Directory データを転送するには、ワークスペース内で右クリックして「Run Mapping」をクリックします。