Azure Data Catalog データをDevExpress Data Grid にデータバインドする。

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Azure Data Catalog ADO.NET Provider

Azure Data Catalog データに連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



Azure Data Catalog 用の CData ADO.NET プロバイダーをDevExpress Windows Forms とWeb コントロールとともに使用し、Azure Data Catalog をチャートに入力します。

Azure Data Catalog 用の CData ADO.NET プロバイダーはサードパーティーコントロールで使うことのできる通常のADO.NET データベースアクセスコンポーネントを実装しています。データバインドするための通常のADO.NET プロセスに従うことで、UI コントロールから実データへの双方向アクセスを可能にします。 この記事では、CData を使ってDevExpress Windows Forms とウェブコントロールにデータバインドする方法を説明します。ここでは、最新のデータを表示するチャートにデータバインドします。

You can optionally set the following to read the different catalog data returned from Azure Data Catalog.

    CatalogName: Set this to the CatalogName associated with your Azure Data Catalog. To get your Catalog name, navigate to your Azure Portal home page > Data Catalog > Catalog Name

Connect Using OAuth Authentication

You must use OAuth to authenticate with Azure Data Catalog. OAuth requires the authenticating user to interact with Azure Data Catalog using the browser. For more information, refer to the OAuth section in the help documentation.

Windows Forms コントロール

下のコードでは、Azure Data Catalog でDevExpress のチャートに追加する方法を説明します。AzureDataCatalogDataAdapter はチャートコントロールのSeries プロパティにバインドします。コントロールのDiagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。

using (AzureDataCatalogConnection connection = new AzureDataCatalogConnection( "")) { AzureDataCatalogDataAdapter dataAdapter = new AzureDataCatalogDataAdapter( "SELECT DslAddressDatabase, Type FROM Tables WHERE Name = 'FactProductInventory'", connection); DataTable table = new DataTable(); dataAdapter.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new DevExpress.XtraCharts.Series(); chartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "Type" }); series.ArgumentScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "DslAddressDatabase"; series.ValueScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Numerical; chartControl1.Legend.Visibility = DevExpress.Utils.DefaultBoolean.False; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

Web コントロール

下のコードではAzure Data Catalog でDevExpress Web を操作するための設定方法を説明します。AzureDataCatalogDataAdapter はチャートのSeries プロパティにバインドします。Diagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。 using DevExpress.XtraCharts; using (AzureDataCatalogConnection connection = new AzureDataCatalogConnection( "")) { AzureDataCatalogDataAdapter AzureDataCatalogDataAdapter1 = new AzureDataCatalogDataAdapter("SELECT DslAddressDatabase, Type FROM Tables WHERE Name = 'FactProductInventory'", connection); DataTable table = new DataTable(); AzureDataCatalogDataAdapter1.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new Series("Series1", ViewType.Bar); WebChartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "Type" }); series.ArgumentScaleType = ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "DslAddressDatabase"; series.ValueScaleType = ScaleType.Numerical; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }