Blazor でAzure Data Lake Storage データにリアルタイムで連携するアプリを構築

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Azure Data Lake Storage ADO.NET Provider

Azure Data Lake Storage データに連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



ASP.NET Core Blazor C# でAzure Data Lake Storage にSQL でクエリ。



Blazor は、.NET を使って対話型のクライアント側Web UI を構築するためのフレームワークです。JavaScript の代わりにC# を使って、UI を作れるところが魅力です。また、既存の.NET ライブラリや.NET エコシステムを使うことができる利点があります。

CData ADO.NET Provider for Azure Data Lake Storage は、LINQ やEntity Framework などの標準のADO.NET インターフェースを使ってAzure Data Lake Storage を操作可能にします。Blazor が.NET Core 対応をしているため、Server Side Blazor からADO.NET Provider を使うことができます。この記事では、Server Side Blazor からAzure Data Lake Storage に接続して直接SQL クエリを実行する方法を説明します。

CData ADO.NET Provider for Azure Data Lake Storage のインストール

CData ADO.NET Provider は、通常であればRDB に接続するフレームワークである ADO.NET DataAdapter やLinqToSQL(もしくはDapper などのORM を挟んでもいいです)であり、Azure Data Lake Storage のデータへもRDB と同感覚でアクセスが可能になります。

CData のWebsite からProvider をダウンロードして、マシンにインストールします。NuGet からインストールすることも可能です。Azure Data Lake Storage ADO.NET Data Provider で検索してください。

Blazor でAzure Data Lake Storage にデータ連携するアプリを構築

Blazor にADO.NET Provider for Azure Data Lake Storage を接続

  • Visual Studio を立ち上げて、Blazor アプリのプロジェクトを作成します。
  • ソリューションエクスプローラーで「依存関係」から右クリックで「プロジェクト参照の追加」をクリック。
  • 参照マネージャーが開くので、「参照」ボタンをクリックして、先ほどインストールしたADO.NET Provider の.dll を選択します。「C:\Program Files\CData\CData ADO.NET Provider for ADLS 2019J\lib etstandard2.0」内のSystem.Data.CData.ADLS.dll」を参照に選びます。

Blazor でAzure Data Lake Storage データをSELECT

サンプルプロジェクトの「Page」→「Index.razor」を開きます。

以下のコードを書きます。使っているクエリはおなじみの標準SQL です。Azure Data Lake Storage 固有のAPI を書かなくてもRDB と同感覚でSQL が書けるところがADO.NET Prover for Azure Data Lake Storage の強味です。

    
      @page "/"
      @using System.Data;
      @using System.Data.CData.ADLS;
      
      

Hello, world!

Welcome to your Data app.
@using (ADLSConnection connection = new ADLSConnection( "Schema=ADLSGen2;Account=myAccount;FileSystem=myFileSystem;AccessKey=myAccessKey;")) { var sql = "SELECT FullPath, Permission FROM Resources WHERE Type = 'FILE'"; var results = new DataTable(); ADLSDataAdapter dataAdapter = new ADLSDataAdapter(sql, connection); dataAdapter.Fill(results); @foreach (DataColumn item in results.Rows[0].Table.Columns) { } @foreach (DataRow row in results.Rows) { @foreach (var column in row.ItemArray) { } }
@item.ColumnName
@column.ToString()
}

Authenticating to a Gen 1 DataLakeStore Account

Gen 1 uses OAuth 2.0 in Azure AD for authentication.

For this, an Active Directory web application is required. You can create one as follows:

  1. Sign in to your Azure Account through the .
  2. Select "Azure Active Directory".
  3. Select "App registrations".
  4. Select "New application registration".
  5. Provide a name and URL for the application. Select Web app for the type of application you want to create.
  6. Select "Required permissions" and change the required permissions for this app. At a minimum, "Azure Data Lake" and "Windows Azure Service Management API" are required.
  7. Select "Key" and generate a new key. Add a description, a duration, and take note of the generated key. You won't be able to see it again.

To authenticate against a Gen 1 DataLakeStore account, the following properties are required:

  • Schema: Set this to ADLSGen1.
  • Account: Set this to the name of the account.
  • OAuthClientId: Set this to the application Id of the app you created.
  • OAuthClientSecret: Set this to the key generated for the app you created.
  • TenantId: Set this to the tenant Id. See the property for more information on how to acquire this.
  • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

Authenticating to a Gen 2 DataLakeStore Account

To authenticate against a Gen 2 DataLakeStore account, the following properties are required:

  • Schema: Set this to ADLSGen2.
  • Account: Set this to the name of the account.
  • FileSystem: Set this to the file system which will be used for this account.
  • AccessKey: Set this to the access key which will be used to authenticate the calls to the API. See the property for more information on how to acquire this.
  • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

プロジェクトをリビルドして実行します。このようにAzure Data Lake Storage からデータを直接取得し、HTML テーブル形式にレンダリングしています。

もちろんSaaS データソースへの接続の場合には、RDB 向けのドライバーと違い最終的にはHTTP リクエストが行われるので、サーバーサイド Blazor としてサーバーサイドから実行されるのか、クライアントサイド Blazor として、実行中のブラウザからHTTPリクエストが行われるのかの違いはあります。そのあたりはネットワークやプロキシの設定として注意が必要でしょう。設定はコード内の接続プロパティで可能です。

まとめ

このようにサーバーサイドBlazor アプリから簡単にADO.NET Provider を使ってAzure Data Lake Storage にリアルタイムでデータ取得を行うアプリを作ることができました。Blazor が.NET Core、フレームワークのツール群を使えるというメリットを活かすことができます。今回はSELECT * でしたが、フィルタリングやJOIN も可能です。是非、30 日の無償トライアル でシンプルかつパワフルなADO.NET Provider でのサーバーサイドBlazor 連携をお試しください。