RunMyProcess からConnect Cloud 経由でAzure Data Lake Storage データと連携

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

CData Connect



CData Connect Cloud を使用してAzure Data Lake Storage のOData API を作成し、Akorbi Digital 社のRunMyProcess からAzure Data Lake Storage データと連携。


Akorbi Digital RunMyProcess を使えば、予算申請や契約管理など複雑なビジネスプロセスをノーコードでアプリ化できます。CData Connect Cloud はAzure Data Lake Storage の仮想データベースを作成して、Azure Data Lake Storage のOData API(RunMyProcess でネイティブに使用可能)を生成するために使用します。RunMyProcess をCData Connect Cloud と連携することで、対応するすべてのSaaS、クラウドベースのBig Data、およびNoSQL ソースへの接続がクラウドで完結し、Azure Data Lake Storage データに素早くアクセスできます。

この記事では、二つのステップでAzure Data Lake Storage データへの接続方法を説明します。

  1. Connect Cloud からAzure Data Lake Storage への接続
  2. RunMyProcess からConnect Cloud に接続してAzure Data Lake Storage データを取得

Connect Cloud を構成してAzure Data Lake Storage に接続

RunMyProcess からAzure Data Lake Storage に接続するには、Connect Cloud インスタンス内でAzure Data Lake Storage への接続を設定します。

Connect Cloud ユーザーの追加

RunMyProcess からAzure Data Lake Storage に接続するConnect CLoud のユーザーを作成します。

  1. 「Users」->「 Add」の順にクリックします。
  2. ユーザーを設定します。
  3. 「Save Changes」をクリックして新しいユーザーのAuthtoken をメモします。

Connect Cloud からAzure Data Lake Storage に接続

CData Connect Cloud は、簡単なポイントアンドクリックインターフェースを使用してAPI を生成します。

  1. Connect Cloud を開き、「Databases」をクリックします。
  2. 「Available Data Sources」から「Azure Data Lake Storage」を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Azure Data Lake Storage に接続します。

    Authenticating to a Gen 1 DataLakeStore Account

    Gen 1 uses OAuth 2.0 in Azure AD for authentication.

    For this, an Active Directory web application is required. You can create one as follows:

    1. Sign in to your Azure Account through the .
    2. Select "Azure Active Directory".
    3. Select "App registrations".
    4. Select "New application registration".
    5. Provide a name and URL for the application. Select Web app for the type of application you want to create.
    6. Select "Required permissions" and change the required permissions for this app. At a minimum, "Azure Data Lake" and "Windows Azure Service Management API" are required.
    7. Select "Key" and generate a new key. Add a description, a duration, and take note of the generated key. You won't be able to see it again.

    To authenticate against a Gen 1 DataLakeStore account, the following properties are required:

    • Schema: Set this to ADLSGen1.
    • Account: Set this to the name of the account.
    • OAuthClientId: Set this to the application Id of the app you created.
    • OAuthClientSecret: Set this to the key generated for the app you created.
    • TenantId: Set this to the tenant Id. See the property for more information on how to acquire this.
    • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

    Authenticating to a Gen 2 DataLakeStore Account

    To authenticate against a Gen 2 DataLakeStore account, the following properties are required:

    • Schema: Set this to ADLSGen2.
    • Account: Set this to the name of the account.
    • FileSystem: Set this to the file system which will be used for this account.
    • AccessKey: Set this to the access key which will be used to authenticate the calls to the API. See the property for more information on how to acquire this.
    • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.
  4. Test Database」をクリックします。
  5. 「Privileges」->「 Add」の順にクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー)を追加します。

Connect Cloud にAzure Data Lake Storage OData エンドポイントを追加

Azure Data Lake Storage に接続したら、使用するテーブルのOData エンドポイントを作成します。

  1. 「OData」->「Tables」->「Add Tables」の順にクリックします。
  2. Azure Data Lake Storage データベースを選択します。
  3. 使用するテーブルを選択し、「Next」をクリックします。
  4. (オプション)リソースを編集して特定のフィールドなどを選択します。
  5. 設定を保存します。

(オプション)Cross-Origin Resource Sharing (CORS) を構成

Ajax などのアプリケーションから複数のドメインにアクセスして接続すると、クロスサイトスクリプティングの制限に違反する恐れがあります。その場合には、[OData]->[Settings]でCORS 設定を構成します。

  • Enable cross-origin resource sharing (CORS):ON
  • Allow all domains without '*':ON
  • Access-Control-Allow-Methods:GET, PUT, POST, OPTIONS
  • Access-Control-Allow-Headers:Authorization

設定への変更を保存します。

RunMyProcess DigitalSuite Studio からAzure Data Lake Storage データにアクセス

Azure Data Lake Storage への接続とOData エンドポイントがあれば、RunMyProcess からAzure Data Lake Storage データにアクセスできます。

Provider の作成

  1. RunMyProcess にログインして、「DigitalSuite Studio」を開きます。
  2. 「Resources」をクリックしてリソースページを表示したら、「CONNECTORS」タブを選択すると次のような画面が表示されます。   
  3. 「+」(New Provider)ボタンをクリックすると新規プロバイダー作成用の画面が表示されるので、リソースを使用するプロジェクトを選択して、「Confirm」ボタンをクリックします。
  4. プロバイダーの設定画面が表示されるので、次の情報を入力します。
    • URL:CData Connect の「Endpoints」ページにある、次のOData エンドポイントを指定します。https://www.cdatacloud.net/myconnectinstance/api.rsc/
    • Authentication Schema:「Login/Password」を指定します。
    • Login:設定したConnect Cloud のユーザー名を指定します。
    • Password:上記のユーザー用のAuthtoken に設定します。
  5. 「ACCEPTANCE」、「TEST」タブにも同じ情報を入力します。Note:その際、右上の「Copy this configuration」ボタンをクリックすることで設定をコピーでき、コピー先のタブで「Paste previously copied configuration」ボタンをクリックすることで既存の設定を反映できます。
  6. 完了したら、「Save」をクリックして保存します。

Connector を作成してAzure Data Lake Storage データを取得

  1. 次に「CONNECTORS」タブから、作成したプロバイダーの右端のボタンをクリックして、メニューから「Add connector」を選択します。
  2. 次のような画面が表示されるので、「Connector URL」にConnect Cloud で設定したテーブルのOData エンドポイントを指定します。例:odataendpoint/
  3. 入力したら右上の「Save」ボタンをクリックしたあと、「Launch」ボタンをクリックしてコネクタのテスト実行用の画面を開き、右上の「Launch test」ボタンをクリックして実行します。次のように、指定したテーブルの情報がJSON で返ってくれば成功です。

詳細と無料トライアル

これで、RunMyProcess からAzure Data Lake Storage データに接続できました。Azure Data Lake Storage や、その他240以上のデータソースのOData フィードを作成する方法は、Connect Cloud ページ を参照してください。無料トライアルにサインアップして、RunMyProcess からAzure Data Lake Storage データに連携してアプリを作成しましょう。