Excel データをAzure Data Lake Storage に移行

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Excel Add-In for Azure Data Lake Storage

Azure Data Lake Storage Excel Add-In を使って、Microsoft Excel から直接Azure Data Lake Storage データにアクセスできます。

Excel からAzure Data Lake Storage のADLS データの読み書き更新を実現Excel での一括入力・一括編集、データクレンジング & 重複削除や、データ分析などに最適!



この記事では、Excel Add-In for Azure Data Lake Storage をつかって、Excel からデータを Azure Data Lake Storage に移行する方法を説明します。

CData Excel Add-In for Azure Data Lake Storage を使えば、Excel から直接Azure Data Lake Storage への編集や保存が可能になります。この記事では、Excel から Azure Data Lake Storage にデータを移行する方法を説明します。 Azure Data Lake Storage のデータを一度Excel にエクスポートして編集・データソースの一括更新を行えるだけではなく、Excel スプレッドシートに保存されているデータを一括でAzure Data Lake Storage にインポートすることも可能です。 今回の記事では、Resources テーブルを使います。同じことが、CData Excel Add-In で取得できるすべてのテーブルに対して実行可能です。


接続の確立

Azure Data Lake Storage への接続には、Excel Add-in をインストールしたExcel の[CDATA]タブ→[Azure Data Lake Storage]アイコンをクリックします。

Authenticating to a Gen 1 DataLakeStore Account

Gen 1 uses OAuth 2.0 in Azure AD for authentication.

For this, an Active Directory web application is required. You can create one as follows:

  1. Sign in to your Azure Account through the .
  2. Select "Azure Active Directory".
  3. Select "App registrations".
  4. Select "New application registration".
  5. Provide a name and URL for the application. Select Web app for the type of application you want to create.
  6. Select "Required permissions" and change the required permissions for this app. At a minimum, "Azure Data Lake" and "Windows Azure Service Management API" are required.
  7. Select "Key" and generate a new key. Add a description, a duration, and take note of the generated key. You won't be able to see it again.

To authenticate against a Gen 1 DataLakeStore account, the following properties are required:

  • Schema: Set this to ADLSGen1.
  • Account: Set this to the name of the account.
  • OAuthClientId: Set this to the application Id of the app you created.
  • OAuthClientSecret: Set this to the key generated for the app you created.
  • TenantId: Set this to the tenant Id. See the property for more information on how to acquire this.
  • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

Authenticating to a Gen 2 DataLakeStore Account

To authenticate against a Gen 2 DataLakeStore account, the following properties are required:

  • Schema: Set this to ADLSGen2.
  • Account: Set this to the name of the account.
  • FileSystem: Set this to the file system which will be used for this account.
  • AccessKey: Set this to the access key which will be used to authenticate the calls to the API. See the property for more information on how to acquire this.
  • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

Azure Data Lake Storage データの取得

Azure Data Lake Storage にデータを挿入するには、まず該当するAzure Data Lake Storage のテーブルを取得します。これによりExcel スプレッドシートとAzure Data Lake Storage のテーブルが連携した状態になります。取得したテーブルに対し変更、もしくは追加した部分は文字が赤でハイライトされます。

  1. CData リボンからAzure Data Lake Storage ボタンをクリックします。データ選択ウィザードが表示されます。
  2. テーブルもしくはビューメニューから、Resources テーブルを選択します。
  3. [最大行数]に、取得したい最大行数を入力します。データの一括入力だけが目的の場合は1行だけを取得すれば十分です。リクエストどおりにクエリ欄にSQL クエリが表示されます。
  4. [シート名]に作成されるシートの名前を入力します。デフォルトでは、取得するテーブル名が新しいシート名になります。