BIRT Reports をAzure Data Lake Storage データ でデザイン

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Azure Data Lake Storage JDBC Driver

Azure Data Lake Storage データに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



現在のAzure Data Lake Storage を組み込み型アナリティクスに提供します。

CData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage は、Azure Data Lake Storage APIs への接続をデータドリブンJava アプリケーションに統合します。CData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage をBIRT (Business Intelligence Reporting Tools) のプラットホームで使用することで、リアルタイムでデータの変更を反映するBIRT レポートを作成できます。

  1. Eclipse 用のBIRT Framework プラグインとDatabase Development プラグインをインストールします。
  2. [File]->[New]->[Report]と進みます。[Report Design perspective]が表示されます。
  3. [Data Explorer]で[Data Sources]を右クリックし、[New Data Source]をクリックします。
  4. [Following List]オプションから[Create from Data Source Type]を選択し、[JDBC Data Source]を選択します。
  5. [Manage Drivers]をクリックし、インストールフォルダのlib サブフォルダにあるドライバーのJAR を追加します。
  6. [Database URL]ボックスに、接続文字列を含む[JDBC URL]を入力します。

    Authenticating to a Gen 1 DataLakeStore Account

    Gen 1 uses OAuth 2.0 in Azure AD for authentication.

    For this, an Active Directory web application is required. You can create one as follows:

    1. Sign in to your Azure Account through the .
    2. Select "Azure Active Directory".
    3. Select "App registrations".
    4. Select "New application registration".
    5. Provide a name and URL for the application. Select Web app for the type of application you want to create.
    6. Select "Required permissions" and change the required permissions for this app. At a minimum, "Azure Data Lake" and "Windows Azure Service Management API" are required.
    7. Select "Key" and generate a new key. Add a description, a duration, and take note of the generated key. You won't be able to see it again.

    To authenticate against a Gen 1 DataLakeStore account, the following properties are required:

    • Schema: Set this to ADLSGen1.
    • Account: Set this to the name of the account.
    • OAuthClientId: Set this to the application Id of the app you created.
    • OAuthClientSecret: Set this to the key generated for the app you created.
    • TenantId: Set this to the tenant Id. See the property for more information on how to acquire this.
    • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

    Authenticating to a Gen 2 DataLakeStore Account

    To authenticate against a Gen 2 DataLakeStore account, the following properties are required:

    • Schema: Set this to ADLSGen2.
    • Account: Set this to the name of the account.
    • FileSystem: Set this to the file system which will be used for this account.
    • AccessKey: Set this to the access key which will be used to authenticate the calls to the API. See the property for more information on how to acquire this.
    • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、Azure Data Lake Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.adls.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    JDBC URL を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

    以下は一般的なJDBC URL です。

    jdbc:adls:Schema=ADLSGen2;Account=myAccount;FileSystem=myFileSystem;AccessKey=myAccessKey;InitiateOAuth=GETANDREFRESH
  7. [Data Sets]フォルダを右クリックし、[JDBC data source for Azure Data Lake Storage]を選択します。
  8. 表示されるダイアログで、レポートのデータを取得するために使用するSELECT クエリを構築します。この記事では、以下のクエリを用います。 SELECT FullPath, Permission FROM Resources WHERE Type = 'FILE'
  9. [Palette]で、[Chart]をエディタにドラッグします。[Chart]ウィザードが表示されます。
  10. チャートタイプを選択した後、[Select Data]タブのチャートフィールドにカラムをドラッグします。
  11. [Run]->[View Report]->[In Web Viewer]とクリックして、レポートを表示します。

これによって、BIRT レポートがAzure Data Lake Storage の更新をすべて取得できるようになります。

レポートをアプリケーションサーバーに公開するには、ドライバーのJAR をBIRT Viewer のクラスパスに追加します。より詳しい説明は、Java アプリケーションサーバーにJDBC Driver をデプロイする方法について、CData KB を参照してください。