DBVisualizer で Azure Data Lake Storage データに連携しクエリを作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Azure Data Lake Storage JDBC Driver

Azure Data Lake Storage データに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



DBVisualizer のビジュアルデータ分析ツールやデータ接続ウィザードにAzure Data Lake Storage を連携。



CData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage は、JDBC 標準に準拠し、BI ツールからIDE まで幅広いアプリケーションでAzure Data Lake Storage への接続を提供します。この記事では、DbVisualizer からAzure Data Lake Storage に接続する方法、およびtable エディタを使ってAzure Data Lake Storage を ロード、 する方法を説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Azure Data Lake Storage データの新しいJDBC データソースを作成

下記の手順に従って、Driver Manager を使ってDbVisualizer ツールからAzure Data Lake Storage に接続します。

  1. DbVisualizer で[Tools]>[Driver Manager]>[Create a New Driver]をクリックします。
  2. データソースに名前を入力します。
  3. [URL Format]ボックスに以下を入力します: jdbc:adls:
    DbVisualizer Driver Manager
  4. [User Specified]タブで[User Specified]ボタンをクリックし、インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のcdata.jdbc.adls.jar ファイルを選択します。
  5. [Driver Class]メニューでADLSDriver クラス、cdata.jdbc.adls.ADLSDriver を選択します。

JDBC データソースへの接続を定義

下記の手順に従って、JDBC URL に接続プロパティを入力します。

  1. [Database] タブで[Database Connection]ノードを右クリックし、[Create a Database Connection]をクリックします。
  2. [Connection]セクションで以下のオプションを設定します:

    • Database Type:ウィザードオプションを選択した場合は、データベースの種類は自動検出される。ウィザードを使用しないオプションを選択した場合は、[Database Type]メニューから[Generic]または[Auto Detect]オプションを選択。
    • Driver:先ほど作成したドライバーを選択。
    • Database URL:フルJDBC URL を入力。JDBC URL シンタックスは以下のとおりです。 jdbc:adls: 次に、セミコロン区切りでname-value ペアの接続プロパティを入力します。

      Authenticating to a Gen 1 DataLakeStore Account

      Gen 1 uses OAuth 2.0 in Azure AD for authentication.

      For this, an Active Directory web application is required. You can create one as follows:

      1. Sign in to your Azure Account through the .
      2. Select "Azure Active Directory".
      3. Select "App registrations".
      4. Select "New application registration".
      5. Provide a name and URL for the application. Select Web app for the type of application you want to create.
      6. Select "Required permissions" and change the required permissions for this app. At a minimum, "Azure Data Lake" and "Windows Azure Service Management API" are required.
      7. Select "Key" and generate a new key. Add a description, a duration, and take note of the generated key. You won't be able to see it again.

      To authenticate against a Gen 1 DataLakeStore account, the following properties are required:

      • Schema: Set this to ADLSGen1.
      • Account: Set this to the name of the account.
      • OAuthClientId: Set this to the application Id of the app you created.
      • OAuthClientSecret: Set this to the key generated for the app you created.
      • TenantId: Set this to the tenant Id. See the property for more information on how to acquire this.
      • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

      Authenticating to a Gen 2 DataLakeStore Account

      To authenticate against a Gen 2 DataLakeStore account, the following properties are required:

      • Schema: Set this to ADLSGen2.
      • Account: Set this to the name of the account.
      • FileSystem: Set this to the file system which will be used for this account.
      • AccessKey: Set this to the access key which will be used to authenticate the calls to the API. See the property for more information on how to acquire this.
      • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

      一般的な接続文字列は次のとおりです。

      jdbc:adls:Schema=ADLSGen2;Account=myAccount;FileSystem=myFileSystem;AccessKey=myAccessKey;
    • Database UserId:Azure Data Lake Storage を認証するユーザーネーム。
    • Database Password:Azure Data Lake Storage を認証するパスワード。
  3. [Connection]タブで[Connect]をクリックします。

QuickBooks JDBC Driver が表示するテーブルをブラウズするには、テーブルを右クリックし[Open In New Tab]をクリックします。

SQL クエリの実行には、SQL Commander ツールを使います:[SQL Commander]>[New SQL Commander]をクリックします。利用可能なメニューから[Database Connection]、[Database]、[Schema]を選択します。

サポートされるSQL についての詳細は、ヘルプドキュメントの「サポートされるSQL」をご覧ください。テーブルに関する情報は「データモデル」をご覧ください。