MicroStrategy でのCData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage の使用

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Azure Data Lake Storage JDBC Driver

Azure Data Lake Storage データに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



CData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage を使用してMicroStrategy Developer のAzure Data Lake Storage に接続します。

MicroStrategy は、データ主導のイノベーションを可能にする、モビリティプラットフォームです。MicroStrategy をCData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage とペアリングすると、MicroStrategy からライブAzure Data Lake Storage へのデータベースのようなアクセスが得られ、レポート機能と分析機能が拡張されます。この記事では、MicroStrategy Developer でAzure Data Lake Storage のデータベースインスタンスを作成し、Azure Data Lake Storage のWarehouse Catalog を作成します。

CData JDBC ドライバーは、ドライバーに組み込まれた最適化されたデータ処理により、MicroStrategy でライブAzure Data Lake Storage と対話するための圧倒的なパフォーマンスを提供します。MicroStrategy からAzure Data Lake Storage に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作をAzure Data Lake Storage に直接プッシュし、組み込みSQL エンジンを利用して、サポートされていない操作(一般的にはSQL 関数とJOIN 操作) をクライアント側で処理します。組み込みの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブのMicroStrategy データタイプを使用してAzure Data Lake Storage を視覚化および分析できます。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

MicroStrategy Developer のAzure Data Lake Storage に接続

CData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage に基づくデータベースインスタンスを追加することにより、MicroStrategy Developer のAzure Data Lake Storage に接続できます。* 開始する前に、MicroStrategy Developer のインスタンスが接続されているMicroStrategy Intelligence Server をホストとするマシンにJDBC Driver for Azure Data Lake Storage をインストールする必要があります。

  1. MicroStrategy Developer を開き、[Project Source]を選択します。
  2. [Administration]->[Configuration Managers]->[Database Instances]と進み、右クリックして新しいインスタンスを追加します。
  3. インスタンスに名前を付け、データベース接続タイプとしてGeneric DBMS を選択し、新しいデータベース接続を作成します。
  4. データベース接続ウィザードで接続に名前を付け、新しいデータベースログイン名を作成してAzure Data Lake Storage のユーザーとパスワードを設定します。
  5. 接続ウィザードの[Advanced]タブで、追加の接続文字列パラメータを以下のように設定します。
    • JDBC キーワードを接続文字列に追加します。
    • MSTR_JDBC_JAR_FOLDER をJDBC ドライバーのJAR ファイルを含むディレクトリのパスに設定します。(C:\Program Files\CData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage\lib\ on Windows.)
    • DRIVER をドライバークラスであるcdata.jdbc.adls.ADLSDriver に設定します。
    • URL をAzure Data Lake Storage ドライバーのJDBC URL に設定します。これには、必要な接続プロパティが含まれています。

      Authenticating to a Gen 1 DataLakeStore Account

      Gen 1 uses OAuth 2.0 in Azure AD for authentication.

      For this, an Active Directory web application is required. You can create one as follows:

      1. Sign in to your Azure Account through the .
      2. Select "Azure Active Directory".
      3. Select "App registrations".
      4. Select "New application registration".
      5. Provide a name and URL for the application. Select Web app for the type of application you want to create.
      6. Select "Required permissions" and change the required permissions for this app. At a minimum, "Azure Data Lake" and "Windows Azure Service Management API" are required.
      7. Select "Key" and generate a new key. Add a description, a duration, and take note of the generated key. You won't be able to see it again.

      To authenticate against a Gen 1 DataLakeStore account, the following properties are required:

      • Schema: Set this to ADLSGen1.
      • Account: Set this to the name of the account.
      • OAuthClientId: Set this to the application Id of the app you created.
      • OAuthClientSecret: Set this to the key generated for the app you created.
      • TenantId: Set this to the tenant Id. See the property for more information on how to acquire this.
      • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

      Authenticating to a Gen 2 DataLakeStore Account

      To authenticate against a Gen 2 DataLakeStore account, the following properties are required:

      • Schema: Set this to ADLSGen2.
      • Account: Set this to the name of the account.
      • FileSystem: Set this to the file system which will be used for this account.
      • AccessKey: Set this to the access key which will be used to authenticate the calls to the API. See the property for more information on how to acquire this.
      • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、Azure Data Lake Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.adls.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      JDBC URL を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

    以下は、一般的な追加の接続文字列プロパティです。

    JDBC;MSTR_JDBC_JAR_FOLDER=PATH\TO\JAR\;DRIVER=cdata.jdbc.adls.ADLSDriver;URL={jdbc:adls:Schema=ADLSGen2;Account=myAccount;FileSystem=myFileSystem;AccessKey=myAccessKey;};
  6. ODBC データソースが選択されていないことを確認し、(これによりMicroStrategy がトリガーされ、追加の接続文字列パラメータを使用してデータベースインスタンスが構築されます)[OK]をクリックします。
  7. [OK]をクリックし、データベースインスタンスウィザードを閉じます。
  8. [Project Source]でプロジェクトを右クリックし、[Project configuration]を開きます。
  9. [Database Instances]に移動し、新しく作成したデータベースインスタンスを選択して[OK]をクリックします。
  10. MicroStrategy Developerを閉じ、接続されたMicroStrategy Intelligence Server を再起動してデータベースインスタンスの作成を完了します。

データベースインスタンスを構成すると、Warehouse Catalog およびData Import からAzure Data Lake Storage に接続できるようになります。

Warehouse Catalog からAzure Data Lake Storage データに接続する

JDBC Driver for Azure Data Lake Storage に基づいてデータベースインスタンスを作成すると、Warehouse Catalog のデータに接続できます。

  1. プロジェクトを選択し、[Schema]->[Warehouse Catalog]をクリックします。
  2. [Read Settings for the Catalog]で[Settings]をクリックし、スキーマを取得するためのクエリを設定します。
    • テーブルのリストを取得するには、以下のクエリを使用します。 SELECT * FROM SYS_TABLES
    • 選択したテーブルの例のリストを取得するには、以下のクエリを使用します。 SELECT DISTINCT CatalogName NAME_SPACE, TableName TAB_NAME, ColumnName COL_NAME, DataTypeName DATA_TYPE, Length DATA_LEN, NumericPrecision DATA_PREC, NumericScale DATA_SCALE FROM SYS_TABLECOLUMNS WHERE TableName IN (#TABLE_LIST#) ORDER BY 1,2,3
  3. プロジェクトで使用するテーブルを選択します。

MicroStrategy のCData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage を使用すると、Azure Data Lake Storage で安定したビジュアライズとレポートを簡単に作成できます。詳細については、MictroStrategy でのAzure Data Lake Storage への接続MicroStrategy Desktop でのAzure Data Lake Storage への接続 に関するほかの記事をお読みください。


NoteJDBC Driver を使用して接続するには、3層から4層のアーキテクチャが必要です。