今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Azure Management を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

RapidMiner からAzure Management Data にデータ連携

RapidMiner Studio の標準コンポーネントおよびデータソース設定ウィザードでAzure Management data を連携します。

この記事では、CData JDBC driver for Azure Management をRapidMiner のプロセスに簡単に統合する方法を説明します。ここでは、Azure Management にCData JDBC ドライバーを使用して、Azure Management data をRapidMiner のプロセスに転送します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

JDBC データソースとしてRapidMiner のAzure Management に接続

You can follow the procedure below to establish a JDBC connection to Azure Management:

  1. Add a new database driver for Azure Management:Click Connections -> Manage Database Drivers.
  2. In the resulting wizard, click the Add button and enter a name for the connection.
  3. Enter the prefix for the JDBC URL: jdbc:azuredatamanagement:
  4. Enter the path to the cdata.jdbc.azuredatamanagement.jar file, located in the lib subfolder of the installation directory.
  5. Enter the driver class: cdata.jdbc.azuredatamanagement.AzureDataManagementDriver
  6. Create a new Azure Management connection:Click Connections -> Manage Database Connections.
  7. Enter a name for your connection.
  8. For Database System, select the Azure Management driver you configured previously.
  9. Enter your connection string in the Host box.

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。次のプロパティを設定します。
    SubscriptionId(オプション):Azure API Management エンドポイントにはサブスクリプションId が必要です。指定しない場合は、本製品はアカウントで使用可能な最初のサブスクリプションId を取得します。
    Tenant(オプション):デフォルトと異なるテナントに認証したい場合は、テナントを指定できます。これは、デフォルトのテナントに所属していないSubscription と連携するために必要です。
    接続すると、本製品はデフォルトブラウザでAzure Data Management OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品にアクセス許可を与えます。本製品がOAuth プロセスを完了します。

    ビルトイン接続文字列デザイナー

    For assistance in constructing the JDBC URL, use the connection string designer built into the Azure Management JDBC Driver.Either double-click the JAR file or execute the jar file from the command-line.

    java -jar cdata.jdbc.azuredatamanagement.jar

    Fill in the connection properties and copy the connection string to the clipboard.

    A typical connection string is below:

    InitiateOAuth=GETANDREFRESH
  10. Enter your username and password if necessary.

You can now use your Azure Management connection with the various RapidMiner operators in your process.To retrieve Azure Management data, drag the Retrieve operator from the Operators view. With the Retrieve operator selected, you can then define which table to retrieve in the Parameters view by clicking the folder icon next to the "repository entry."In the resulting Repository Browser, you can expand your connection node to select the desired example set.

Finally, wire the output to the Retrieve process to a result, and run the process to see the Azure Management data.

 
 
ダウンロード