今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Azure Management を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Tomcat Connection Pool にCData JDBC Driver for Azure Management を設定してデータ連携

Tomcat Connection Pool からAzure Management に連携接続。



CData JDBC Drivers は標準JDBC インターフェースをサポートし、JVM 上で実行されるWeb アプリケーションに統合します。この記事では、Tomcat のConnection Pool からAzure Management に接続する方法について詳しく説明します。

Tomcat のConnection Pool 経由でAzure Management データに接続

  1. CData JAR およびCData .lic ファイルを$CATALINA_HOME/lib にコピーします。CData JAR はインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。
  2. コンテキストにリソースの定義を追加します:

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。次のプロパティを設定します。
    SubscriptionId(オプション):Azure API Management エンドポイントにはサブスクリプションId が必要です。指定しない場合は、本製品はアカウントで使用可能な最初のサブスクリプションId を取得します。
    Tenant(オプション):デフォルトと異なるテナントに認証したい場合は、テナントを指定できます。これは、デフォルトのテナントに所属していないSubscription と連携するために必要です。
    接続すると、本製品はデフォルトブラウザでAzure Data Management OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品にアクセス許可を与えます。本製品がOAuth プロセスを完了します。

    <Resource name="jdbc/azuredatamanagement" auth="Container" type="javax.sql.DataSource" driverClassName="cdata.jdbc.azuredatamanagement.AzureDataManagementDriver" factory="org.apache.tomcat.jdbc.pool.DataSourceFactory" url="jdbc:azuredatamanagement:" maxActive="20" maxIdle="10" maxWait="-1" />

    一つのアプリケーションからAzure Management へのアクセスを許可するには、上のコードをアプリケーションのMETA-INF ディレクトリにあるcontext.xml に追加します。

    共有リソースの設定には、上のコードを$CATALINA_BASE/conf 内にあるcontext.xml に追加します。共有リソースの設定は、すべてのアプリケーションにSalesforce への接続を提供します。

  3. アプリケーションのweb.xml にリソースへの参照を追加します。 Azure Management data JSP jdbc/AzureDataManagement javax.sql.DataSource コンテナ
  4. Connection pool からの接続の初期化: Context initContext = new InitialContext(); Context envContext = (Context)initContext.lookup("java:/comp/env"); DataSource ds = (DataSource)envContext.lookup("jdbc/AzureDataManagement"); Connection conn = ds.getConnection();

そのほかのTomcat へのデータ連携ドライバーの統合

上記の手順では、簡単なコネクションプーリングのシナリオでAzure Management に接続する方法を説明しました。ほかの使用例や情報については、 Tomcat 製品ドキュメントの 「JNDI Datasource How-To」をご覧ください。

 
 
ダウンロード