CData ODBC Driver for Azure Management を使ってMicroStrategy でAzure Management データを分析

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Azure Management ODBC Driver



MicroStrategy BI プラットフォームのダッシュボードにAzure Management をノーコードでデータ連携して利用。



CData ODBC Drivers はMicrostrategy のようなBI ツールにおいて、多種な重要なデータソースへのアクセスを実現します。この記事では、Azure Management への接続方法、UI またはクエリを使ってデータをインポートする方法、そしてダッシュボードでデータビジュアライゼーションをいくつか作成する方法について説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

MicroStrategy を使ってAzure Management のクエリを発行

次の手順では、Microstrategy からCData JDBC Driver for Azure Management を使ってデータに接続する方法を説明します。

  1. 接続プロパティが未設定の場合には、DSN(データソース名)の設定を行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

    一般的な接続文字列は次のとおりです:

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。次のプロパティを設定します。
    SubscriptionId(オプション):Azure API Management エンドポイントにはサブスクリプションId が必要です。指定しない場合は、本製品はアカウントで使用可能な最初のサブスクリプションId を取得します。
    Tenant(オプション):デフォルトと異なるテナントに認証したい場合は、テナントを指定できます。これは、デフォルトのテナントに所属していないSubscription と連携するために必要です。
    接続すると、本製品はデフォルトブラウザでAzure Data Management OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品にアクセス許可を与えます。本製品がOAuth プロセスを完了します。

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

  2. ダッシュボードで、+アイコンをクリックしてAzure Management に接続を追加します。ダイアログが表示されたら、以下の情報を入力します:

    • DSN: Azure Management ODBC データソース用のDSN を選択。
    • DBMS: メニュー内の[Generic DBMS]オプションを選択。
    • Name: ユーザーフレンドリーなデータソース名を入力。
  3. 接続を選択します。
  4. [Edit SQL]をクリックします。[Editor]パネルの角にある青色ペンのアイコンです。
  5. [Editor]にクエリを入力します: SELECT DisplayName, AuthorizationSource FROM Subscriptions
  6. [Execute SQL]をクリックします。パネルの角にある緑色の再生アイコンです。
  7. [Continue]をクリックして結果を保存します。
  8. 表示されたページで、[Select a Visualization]>[Bar Chart]>[Clustered Bar Chart]をクリックします。