Powershell からの Bugzilla データ連携タスクを自動化

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Bugzilla ADO.NET Provider

Bugzilla のBugs、Branches、Users データに連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



PowerShell から Bugzilla に簡単に接続する方法をお探しですか? CData ADO.NET Provider for Bugzilla は、PowerShell スクリプトの優位性を使い、シンプルで簡単に使えるADO.NET インターフェース を提供します。PowerShell スクリプトで、ADO.NET オブジェクトを使って簡単にBugzilla に接続して、同期、自動化、ダウンロードなどが可能!



CData ADO.NET Provider for Bugzilla は、ADO.NET 標準インターフェースへ統合し、PowerShell のような. NET アプリケーションからBugzilla API へのデータ連携を可能にします。このプロバイダーは、Bugzilla の認証および相互作用を簡単にします。このチュートリアルでは、PowerShell から直接SQL クエリを実行するための、いくつかの一般的なADO.NET オブジェクトの使い方を説明します。

CRUD コマンドの実行

次の3つのステップに従って SELECT クエリ PowerShell からリアルタイムBugzilla に実行:

  1. プロバイダーのアセンブリをロード:

    [Reflection.Assembly]::LoadFile("C:\Program Files\CData\CData ADO.NET Provider for Bugzilla\lib\System.Data.CData.Bugzilla.dll")
  2. Bugzilla に接続:

    Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

    • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
    • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。

    $constr = "Url=http://yourdomain/Bugzilla;APIKey=abc123;" $conn= New-Object System.Data.CData.Bugzilla.BugzillaConnection($constr) $conn.Open()
  3. BugzillaDataAdapter のインスタンスを生成してSQL クエリを実行し、結果を出力:

    $sql="SELECT Id, Summary from Bugs" $da= New-Object System.Data.CData.Bugzilla.BugzillaDataAdapter($sql, $conn) $dt= New-Object System.Data.DataTable $da.Fill($dt) $dt.Rows | foreach { Write-Host $_.id $_.summary }