Bugzilla データにSQL を使ってAnypoint からデータ連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Bugzilla MuleSoft Connector



Bugzilla のJSON エンドポイントを作成するために、HTTP やSQL をCData Mule Connector for Bugzilla とともに使用するシンプルなMule アプリケーションを作成します。

CData Mule Connector for Bugzilla は、Bugzilla をMule アプリケーションから標準SQL でのread 機能を可能にします。コネクタを使うことで、Mule アプリケーションでBugzilla のバックアップ、変換、レポートおよび分析を簡単に行えます。

この記事では、Mule プロジェクト内のCData Mule Connector for Bugzilla を使用してBugzilla 用のWeb インターフェースを作成する方法を説明します。作成されたアプリケーションを使用すると、HTTP リクエストを使用してBugzilla をリクエストし、結果をJSON として返すことができます。以下のアウトラインと同じ手順を、CData Mule Connector で使用し、240+ の使用可能なWeb インターフェースを作成できます。

  1. Anypoint Studio で新しいMule プロジェクトを作成します。
  2. [Message Flow]にHTTP Connector を追加します。
  3. HTTP Connector のアドレスを設定します。
  4. CData Bugzilla Connector をHTTP Connector の後に、同じフロー内に追加します。
  5. 新しい接続を作成または既存の接続を編集し、Bugzilla に接続するようにプロパティを構成します。(以下を参照)接続が構成されたら、[Test Connection]をクリックしてBugzilla への接続を確認します。

    Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

    • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
    • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。
  6. CData Bugzilla Connector を構成します。
    1. [Operation]を[Select with Streaming]に設定します。
    2. [Query type]を[Dynamic]に設定します。
    3. SQL クエリをSELECT * FROM #[message.inboundProperties.'http.query.params'.get('table')] に設定してURL パラメータtable を解析し、SELECT クエリのターゲットとして使用します。他の潜在的なURL パラメータを参照することにより、クエリをさらにカスタマイズできます。
  7. [Transform Message Component]をフローに追加します。
    1. 入力から出力のMap にPayload をマッピングします。
    2. Payload をJSON に変換するには、Output スクリプトを以下のように設定します。
      %dw 1.0
      %output application/json
      ---
      payload
              
  8. Bugzilla を表示するには、HTTP Connector 用に構成したアドレス(デフォルトではlocalhost:8081) に移動し、table のURL parameter はhttp://localhost:8081?table=Bugs としてテーブル名を渡します。
    Bugs データは、Web ブラウザおよびJSON エンドポイントを使用できるその他のツールでJSON として使用できます。

カスタムアプリでBugzilla をJSON データとして操作するためのシンプルなWeb インターフェースと、様々なBI、レポート、およびETL ツールが完成しました。Mule Connector for Bugzilla の30日間無料トライアルをダウンロードして今すぐMule Applications でCData の違いを確認してみてください。