Ruby でBugzilla データ連携アプリを構築

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Bugzilla ODBC Driver

Bugzilla ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからBugzilla プロジェクト管理データに連携。

Bugzilla にデータベースのようにアクセス - ODBC インターフェースでBugs、Branches、Users など多様なデータにSQL でクエリ。



Ruby でODBC 経由でBugzilla に接続して、モダンなクラウド連携アプリを開発。

CData ODBC Driver for Bugzilla を使うと、簡単にRuby アプリケーションにリアルタイムBugzilla データを連携・統合できます。 Tこの記事では、Bugzilla] データにリアルタイムに連携するRuby アプリケーションを構築して、クエリを実行し、結果を表示してみます。

Bugzilla データのODBC 接続を設定

通常はCData ODBC Driver のインストール後にODBC DSN 接続ウィザードが立ち上がり、設定を行うことができます。 もしODBC DSN 接続が未済の場合には、Microsoft ODBC データソースアドミニストレータでODBC DSN を作成および設定することができます。

Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

  • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
  • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。

Ruby および必要なGem のインストール

If you do not have Ruby installed, refer to the Ruby インストールページ. Ruby をインストールしたら、次にruby-dbi、dbd-odbc、ruby-odbc gems をインストールします:

gem install dbi gem install dbd-odbc gem install ruby-odbc

Bugzilla データに連携するRuby アプリケーションの作成

Ruby ファイル (例: BugzillaSelect.rb) を作成し、テキストエディタで開きます。ファイルに次のコードをコピーします:

#connect to the DSN require 'DBI' cnxn = DBI.connect('DBI:ODBC:CData Bugzilla Source','','') #execute a SELECT query and store the result set resultSet = cnxn.execute("SELECT Id, Summary FROM Bugs WHERE Creator = 'user@domain.com'") #display the names of the columns resultSet.column_names.each do |name| print name, "\t" end puts #display the results while row = resultSet.fetch do (0..resultSet.column_names.size - 1).each do |n| print row[n], "\t" end puts end resultSet.finish #close the connection cnxn.disconnect if cnxn

これで、Ruby で Bugzilla データが接続できるようになります。簡単にコマンドラインからファイルを叩いて接続を確認してみましょう。:

ruby BugzillaSelect.rb Bugzilla へのSQL-92 企画のSQL を使って、Ruby に簡単にBugzilla を連携できます。是非、トライアルで試してみてください。