SSIS を使ってBugzilla データをSQL Server にインポート

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Bugzilla SSIS Components

パワフルなSSIS Source & Destination Components で、SQL Server とBugzilla データをSSIS ワークフローで連携。

Bugzilla Data Flow Components を使って、Bugs、Branches、Users など多様なデータを簡単に同期。データ同期、ローカルバックアップ、ワークフロー自動化に最適!



SSIS components for Bugzilla を使用して簡単にSQL Server へBugzilla をバックアップします。

SQL Server に基幹業務データのバックアップを保管しておくことは、ビジネス上のセーフティネットとなります。また、ユーザーはSQL Server のバックアップデータからレポーティングや分析を簡単に行うことができます。

ここでは、SQL サーバー SSIS ワークフロー内でCData SSIS Tasks for Bugzilla を使用して、Bugzilla データをMicrosoft SQL Server データベースに転送する方法を説明します。

Components の追加

開始するには、新しいBugzilla ソースとSQL Server ADO.NET 転送先を新しいデータフロータスクに追加します。

新しいコネクションマネジャーを作成

以下のステップに従って、接続マネジャーでBugzilla 接続プロパティを保存します。

  1. Connection Manager ウィンドウで、右クリックで[New Connection] を選択します。Add SSIS Connection Manager ダイアログが表示されます。
  2. [Connection Manager type]メニューでBugzilla を選択します。CData Bugzilla Connection Manager が表示されます。
  3. 接続プロパティを構成します。

    Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

    • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
    • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。

Bugzilla Source の構成

以下のステップに従って、Bugzilla の抽出に使用するクエリを指定します。

  1. Bugzilla ソースをダブルクリックしてソースコンポーネントエディタを開きます。
  2. [Connection Manager]メニューで、以前作成した接続マネジャーを選択します。
  3. データの書き出しに使用するクエリを指定します。例: SELECT Id, Summary FROM Bugs WHERE Creator = 'user@domain.com'
  4. Bugzilla Source コントロールを閉じて、ADO.NET Destination に接続します。

SQL Server Destination を構成する

以下のステップに従って、Bugzilla をロードするSQL サーバーテーブルを指定します。

  1. ADO.NET Destination を選択して、新しい接続を追加します。接続するサーバーおよびデータベースの情報を入力。
  2. Data access モードメニューで、[table or view]を選択します。
  3. [Table Or View]メニューで、設定するテーブルまたはビューを選択します。
  4. [Mappings]画面で必要なプロパティを設定します。

プロジェクトの実行

プロジェクトを実行できるようになりました。SSIS Task の実行が完了すると、データベースにBugzilla データが入力されます。