Amazon QuickSight でBusiness b-ridge データに連携するインタラクティブなダッシュボードを作成

CData Connect Cloud を使ってBusiness b-ridge データの仮想MySQL エンドポイントを作成して、Amazon QuickSight SPICE からBusiness b-ridge データを使ったインタラクティブダッシュボードを作成する方法。

Amazon QuickSight は、クラウド上でユーザーがインタラクティブなダッシュボードを作成できるサービスです。Amazon QuickSight とCData Connect Cloud を一緒に使うことで、簡単にBusiness b-ridge データに連携するビジュアライズ、ダッシュボードを作成することができます。この記事では、Connect Cloud を経由してAmazon QuickSight からBusiness b-ridge に連携するダッシュボードを作成する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、Business b-ridge データのクラウドto クラウドの仮想MySQL インターフェースを提供し、Amazon QuickSight からリアルタイムBusiness b-ridge データに連携することができます。Amazon QuickSight SPICE(Super-fast、Parallel、In-memory Calculation Engine)に簡単にBusiness b-ridge データをインポートすることで、レスポンシブなダッシュボードをAmazon エコシステムを使って作成することができます。SPICE に保存されたデータはスケジュールで更新可能で常にアップデートされたデータを保持することができます。

Business b-ridge の仮想MySQL データベースを作成

CData Connect Cloud は、直観的なPoint-and-click インターフェースでデータソースへの接続およびAPI エンドポイント作成を行います。

  1. Connect Cloud にログインして、Databases をクリックします。
  2. 利用できるデータソースアイコンから"Business b-ridge" を選択します。
  3. Business b-ridge に接続するために必要なプロパティを入力します。

    When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

    To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

    • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
    • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

    Authenticate to Business b-ridge Account

    Set the following connection properties to connect:

    • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
    • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
    • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".
  4. Test Database をクリックします。
  5. Privileges -> Add をクリックして、新しいユーザーを追加し、適切な権限を指定します。

これで、Business b-ridge の仮想データベースが作成でき、Amazon QuickSight からのビジュアライズが可能になりました。

SPICE にBusiness b-ridge データをインポートして、インタラクティブダッシュボードを作成

次の手順で、Business b-ridge の仮想データベースをCData Connedct Cloud に作成し、SPICE にデータをインポートしてビジュアライズを作成します。

  1. Amazon QuickSight にログインして "Manage data" をクリックします。
  2. 新しいデータセットをクリックし、MySQL をデータソースとして選択します。CData Connect Cloud のインスタンスの接続情報を入力していきます。「接続を検証」をクリックして接続をテストし、問題がなければ「データソースを作成」をクリックして接続を確立します。
  3. テーブルの選択画面で、ビジュアライズで利用するテーブルを選択します。「選択」をクリックしてテーブルを確定させます。
  4. データの取り込みのオプションで、インポートかデータクエリを直接実行するかをチェックします。
  5. 「Visualize」ボタンを押して、データをロードします。
  6. フィールドとタイプを選択してビジュアライズを作成します。

SPICE データセットの更新をスケジューリングする

QuickSight では、SPICE にデータをインポートする間隔をスケジュールすることが可能で、分析字に絶えず最新のデータを使うことができます。

  1. QuickSight のホームからはじめます。
  2. "Manage data" をクリック。
  3. データのリフレッシュを行うデータセットを選択します。
  4. Schedule refresh をクリックします。
  5. タイムゾーン、頻度、開始時などのリフレッシュの設定を行い、Create をクリックします。

クラウドアプリケーションからBusiness b-ridge データにSQL アクセスを実現

このようにAmazon QuickSight からBusiness b-ridge データにクラウド-to-クラウドでの連携ができました。これで簡単にビジュアライズ、やダッシュボード作成が可能です。他にも多くのSaaS に対応するCData Connect Cloud の詳細をConnect Cloud からご覧ください。

 
 
ダウンロード