Redash でBusiness b-ridge データに連携するインタラクティブなダッシュボードを作成

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

CData Connect



CData Connect Cloud を使ってBusiness b-ridge データの仮想MySQL エンドポイントを作成して、Redash からBusiness b-ridge データを使ったインタラクティブダッシュボードを作成する方法。

Redash は、ユーザーがインタラクティブなダッシュボードを作成できるオープンソースのBI ツールです。Redash とCData Connect Cloud を一緒に使うことで、簡単にBusiness b-ridge データに連携したビジュアライズ、ダッシュボードを作成することができます。この記事では、CData Connect Cloud を経由してRedash からBusiness b-ridge に連携するダッシュボードを作成する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、Business b-ridge データのクラウド to クラウドの仮想MySQL インターフェースを提供し、Redash からリアルタイムにBusiness b-ridge データへ連携することができます。Redash に保存されたデータはスケジュールで更新可能で常にアップデートされたデータを保持することができます。

Business b-ridge の仮想MySQL データベースを作成

まずCData Connect Cloud でデータソースへの接続およびAPI エンドポイント作成を行います。

  1. CData Connect Cloud にログインして、Databases をクリックします。
  2. 利用できるデータソースアイコンから"Business b-ridge" を選択します。
  3. Business b-ridge に接続するために必要なプロパティを入力します。

    When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

    To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

    • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
    • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

    Authenticate to Business b-ridge Account

    Set the following connection properties to connect:

    • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
    • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
    • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".
  4. Test Database をクリックします。
  5. Privileges -> Add をクリックして、新しいユーザーを追加し、適切な権限を指定します。

Redash にCData Connect Cloud のコネクションを追加

続いてCData Connect Cloud への接続をRedash に追加します。Redash では MySQLインターフェースを用いてCData Connect Cloudに接続します。

  1. 管理画面にログインして、「Data Sources」に移動し、CData Connect を新しいデータソースに追加します。
  2. 「+ New Data Source」をクリックし
  3. データソースの一覧から「MySQL (Amazon RDS)」を選択します。ここがRedash からCData Connect Cloud に接続するためのポイントです。CData Connect Cloud はSSL による接続が必須となるため、通常のRedash の「MySQL」接続ではうまく接続することができません。そのため「MySQL (Amazon RDS)」を使用します。
  4. 「MySQL (Amazon RDS)」の設定画面では以下の通り必要な情報を入力し、「Create」をクリックします。この時に「UseSSL」をONにします。
  5. 作成後、「Test Connection」をクリックして、接続状態を確認しましょう。「Success」のメッセージが表示されればOKです。

Query の作成

対象のデータソースに接続して、データの取得を行うQueryを実行します。

  1. 「Create」タブから「New Query」をクリックします。
  2. 対象のデータソースを選択して、データ取得のためのSQL 文を入力します。取得できるテーブルは一覧で確認できます。
  3. 入力後、「Execute」を実行することで、CData Connectを経由し、Business b-ridge のデータをシームレスにRedashへ読み込むことができます。
  4. あとはVisualization Editorを駆使して、Business b-ridge のデータからグラフを作成し、分析することができます。
  5. 作成したQuery はRefresh Schedule の設定で定期的に最新データに更新することが可能です。

クラウドアプリケーションからBusiness b-ridge データにSQL アクセスを実現

このようにRedash からBusiness b-ridge データにクラウド-to-クラウドでの連携ができました。これで簡単にビジュアライズ、やダッシュボード作成が可能です。他にも多くのSaaS に対応するCData Connect Cloud の詳細をConnect Cloud からご覧ください。