RunMyProcess からConnect Cloud 経由でBusiness b-ridge データと連携

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

CData Connect



CData Connect Cloud を使用してBusiness b-ridge のOData API を作成し、Akorbi Digital 社のRunMyProcess からBusiness b-ridge データと連携。


Akorbi Digital RunMyProcess を使えば、予算申請や契約管理など複雑なビジネスプロセスをノーコードでアプリ化できます。CData Connect Cloud はBusiness b-ridge の仮想データベースを作成して、Business b-ridge のOData API(RunMyProcess でネイティブに使用可能)を生成するために使用します。RunMyProcess をCData Connect Cloud と連携することで、対応するすべてのSaaS、クラウドベースのBig Data、およびNoSQL ソースへの接続がクラウドで完結し、Business b-ridge データに素早くアクセスできます。

この記事では、二つのステップでBusiness b-ridge データへの接続方法を説明します。

  1. Connect Cloud からBusiness b-ridge への接続
  2. RunMyProcess からConnect Cloud に接続してBusiness b-ridge データを取得

Connect Cloud を構成してBusiness b-ridge に接続

RunMyProcess からBusiness b-ridge に接続するには、Connect Cloud インスタンス内でBusiness b-ridge への接続を設定します。

Connect Cloud ユーザーの追加

RunMyProcess からBusiness b-ridge に接続するConnect CLoud のユーザーを作成します。

  1. 「Users」->「 Add」の順にクリックします。
  2. ユーザーを設定します。
  3. 「Save Changes」をクリックして新しいユーザーのAuthtoken をメモします。

Connect Cloud からBusiness b-ridge に接続

CData Connect Cloud は、簡単なポイントアンドクリックインターフェースを使用してAPI を生成します。

  1. Connect Cloud を開き、「Databases」をクリックします。
  2. 「Available Data Sources」から「Business b-ridge」を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Business b-ridge に接続します。

    When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

    To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

    • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
    • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

    Authenticate to Business b-ridge Account

    Set the following connection properties to connect:

    • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
    • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
    • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".
  4. Test Database」をクリックします。
  5. 「Privileges」->「 Add」の順にクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー)を追加します。

Connect Cloud にBusiness b-ridge OData エンドポイントを追加

Business b-ridge に接続したら、使用するテーブルのOData エンドポイントを作成します。

  1. 「OData」->「Tables」->「Add Tables」の順にクリックします。
  2. Business b-ridge データベースを選択します。
  3. 使用するテーブルを選択し、「Next」をクリックします。
  4. (オプション)リソースを編集して特定のフィールドなどを選択します。
  5. 設定を保存します。

(オプション)Cross-Origin Resource Sharing (CORS) を構成

Ajax などのアプリケーションから複数のドメインにアクセスして接続すると、クロスサイトスクリプティングの制限に違反する恐れがあります。その場合には、[OData]->[Settings]でCORS 設定を構成します。

  • Enable cross-origin resource sharing (CORS):ON
  • Allow all domains without '*':ON
  • Access-Control-Allow-Methods:GET, PUT, POST, OPTIONS
  • Access-Control-Allow-Headers:Authorization

設定への変更を保存します。

RunMyProcess DigitalSuite Studio からBusiness b-ridge データにアクセス

Business b-ridge への接続とOData エンドポイントがあれば、RunMyProcess からBusiness b-ridge データにアクセスできます。

Provider の作成

  1. RunMyProcess にログインして、「DigitalSuite Studio」を開きます。
  2. 「Resources」をクリックしてリソースページを表示したら、「CONNECTORS」タブを選択すると次のような画面が表示されます。   
  3. 「+」(New Provider)ボタンをクリックすると新規プロバイダー作成用の画面が表示されるので、リソースを使用するプロジェクトを選択して、「Confirm」ボタンをクリックします。
  4. プロバイダーの設定画面が表示されるので、次の情報を入力します。
    • URL:CData Connect の「Endpoints」ページにある、次のOData エンドポイントを指定します。https://www.cdatacloud.net/myconnectinstance/api.rsc/
    • Authentication Schema:「Login/Password」を指定します。
    • Login:設定したConnect Cloud のユーザー名を指定します。
    • Password:上記のユーザー用のAuthtoken に設定します。
  5. 「ACCEPTANCE」、「TEST」タブにも同じ情報を入力します。Note:その際、右上の「Copy this configuration」ボタンをクリックすることで設定をコピーでき、コピー先のタブで「Paste previously copied configuration」ボタンをクリックすることで既存の設定を反映できます。
  6. 完了したら、「Save」をクリックして保存します。

Connector を作成してBusiness b-ridge データを取得

  1. 次に「CONNECTORS」タブから、作成したプロバイダーの右端のボタンをクリックして、メニューから「Add connector」を選択します。
  2. 次のような画面が表示されるので、「Connector URL」にConnect Cloud で設定したテーブルのOData エンドポイントを指定します。例:odataendpoint/
  3. 入力したら右上の「Save」ボタンをクリックしたあと、「Launch」ボタンをクリックしてコネクタのテスト実行用の画面を開き、右上の「Launch test」ボタンをクリックして実行します。次のように、指定したテーブルの情報がJSON で返ってくれば成功です。

詳細と無料トライアル

これで、RunMyProcess からBusiness b-ridge データに接続できました。Business b-ridge や、その他240以上のデータソースのOData フィードを作成する方法は、Connect Cloud ページ を参照してください。無料トライアルにサインアップして、RunMyProcess からBusiness b-ridge データに連携してアプリを作成しましょう。