Apache Spark でBusiness b-ridge データをSQL で操作

Ready to get started?

Download for a free trial:

Download Now

Learn more:

Business b-ridge JDBC Driver

多様なBusiness b-ridge アカウントデータを組み込んだ強力なJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



CData JDBC ドライバーを使用して、Apache Spark でBusiness b-ridge にデータ連携。

Apache Spark は大規模データ処理のための高速で一般的なエンジンです。CData JDBC Driver for Business b-ridge と組み合わせると、Spark はリアルタイムBusiness b-ridge にデータ連携して処理ができます。ここでは、Spark シェルに接続してBusiness b-ridge をクエリする方法について説明します。

CData JDBC Driver は、最適化されたデータ処理がドライバーに組み込まれているため、リアルタイムBusiness b-ridge と対話するための高いパフォーマンスを提供します。Business b-ridge に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計など、サポートされているSQL操作を直接Business b-ridge にプッシュし、組込みSQL エンジンを使用してサポートされていない操作(SQL 関数やJOIN 操作)をクライアント側で処理します。組み込みの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブデータ型を使用してBusiness b-ridge を操作して分析できます。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

CData JDBC Driver for Business b-ridge をインストール

CData JDBC Driver for Business b-ridge インストーラをダウンロードし、パッケージを解凍し、JAR ファイルを実行してドライバーをインストールします。

Spark Shell を起動してBusiness b-ridge データに接続

  1. ターミナルを開き、Spark shell でCData JDBC Driver for Business b-ridge JAR file をjars パラメータに設定します: $ spark-shell --jars /CData/CData JDBC Driver for Business b-ridge/lib/cdata.jdbc.businessbridge.jar
  2. Shell でJDBC URL を使ってBusiness b-ridge に接続し、SQL Context load() function でテーブルを読み込みます。

    When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

    To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

    • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
    • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

    Authenticate to Business b-ridge Account

    Set the following connection properties to connect:

    • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
    • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
    • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".

    組み込みの接続文字列デザイナー

    JDBC 接続文字列URL の作成には、Business b-ridge JDBC Driver にビルトインされたデザイナを使用できます。JAR ファイルをダブルクリックするか、コマンドラインでJAR ファイルを実行するとデザイナが開きます。

    java -jar cdata.jdbc.businessbridge.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    scala> val businessbridge_df = spark.sqlContext.read.format("jdbc").option("url", "jdbc:businessbridge:").option("dbtable","CDATA").option("driver","cdata.jdbc.businessbridge.BusinessBridgeDriver").load()
  3. 接続が完了し、データがロードされたら、テーブルスキーマが表示されます。
  4. Business b-ridge をテンポラリーテーブルとして登録します:

    scala> businessbridge_df.registerTable("cdata")
  5. データに対して、次のようなカスタムSQL クエリを実行します:

    scala> businessbridge_df.sqlContext.sql("SELECT ItemId, StructureId FROM CDATA WHERE ItemTypeId = 1").collect.foreach(println)

    You will see the results displayed in the console, similar to the following:

CData JDBC Driver for Business b-ridge をApache Spark で使って、Business b-ridge に対して、複雑かつハイパフォーマンスなクエリを実行できます。是非、30日の無償試用版 をダウンロードしてお試しください。