Clover ETL からBusiness b-ridge データに連携

Ready to get started?

Download for a free trial:

Download Now

Learn more:

Business b-ridge JDBC Driver

多様なBusiness b-ridge アカウントデータを組み込んだ強力なJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



データ連携ツールのCloverETL のビジュアルワークフローでBusiness b-ridge データ連携を作成。

CData JDBC Driver for Business b-ridge は、CloverETL からBusiness b-ridge へのqueries 処理を実現します。本記事では、CloverETL でJDBC Driver を使い、Business b-ridge をシンプルなCSV ファイルに変換します。

JDBC Data Source でBusiness b-ridge に接続

  1. Business b-ridge データへの連携を作成します。CloverETL の新しいgraph で、Outline ペインのConnections ノードを右クリックして、Create Connection をクリックします。Database Connection ウィザードが表示されます。
  2. +アイコンをクリックして、.jar ファイルをロードします。インストールディレクトリのlib フォルダの cdata.jdbc.businessbridge.jar ファイルを選択します。
  3. JDBC URL を入力します。一般的な接続文字列は: jdbc:businessbridge:

    When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

    To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

    • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
    • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

    Authenticate to Business b-ridge Account

    Set the following connection properties to connect:

    • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
    • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
    • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".

DBInputTable コンポーネントで、Business b-ridge データをクエリ

  1. DBInputTable をReaders セクションからドラッグし、ジョブフローに置きます。ダブルクリックして、設定エディタを開きます。
  2. DB コネクションプロパティで、Business b-ridge JDBC をドロップダウンから選択します。
  3. SQL クエリを入力します。例: SELECT * FROM CDATA

UniversalDataWriter でQuery のOutput を記述

  1. Writer セクションからUniversalDataWriter をドラッグして、ジョブフローに置きます。
  2. UniversalDataWriter をダブルクリックして、設定エディタを開き、ファイルURL を足します。
  3. DBInputTable をダブルクリックして、Extract Metadata をクリックします。
  4. DBInputTable のOutput ポートをUniversalDataWriter に接続します。
  5. UniversalDataWriter のSelect Metadata メニューでCDATA テーブルを選択します。(UniversalDataWriter のInput ポートを右クリックしてメニューを開くことも可能です。)
  6. Run をクリックして、ファイルの書き込みを実行します。