PowerBuilder からBusiness b-ridge データに連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Business b-ridge JDBC Driver

多様なBusiness b-ridge アカウントデータを組み込んだ強力なJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



この記事では、Business b-ridge JDBC ドライバーを使用してPowerBuilder からBusiness b-ridge にアクセスする方法を説明します。

CData JDBC Driver for Business b-ridge は、標準ベースのコントロールであり、PowerBuilder を含むJDBC をサポートするプラットフォームまたは開発テクノロジーから使用できます。 また、PowerBuilder でCData JDBC Driver for Business b-ridge を使用する方法についても詳しく説明します。

この記事では、CData JDBC Driver for Business b-ridge を使用してデータを取得し、基本的なPowerBuilder アプリケーションを作成する方法を説明します。

PowerBuilder からBusiness b-ridge データに接続

以下のステップに従ってDatabase Painter ツールを使用し、JDBC URL for Business b-ridge に基づいてデータベースプロファイルを作成します。データベースプロファイルを使用して、接続プロパティを保存できます。Ⅾatabase Painter では、データをグラフィカルに操作したり、SQL クエリを実行したりできます。

  1. ドライバーJAR をPowerBuilder クラスパスに追加します。CLASSPATH システム環境変数を、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるドライバーJAR へのパスに設定します。

    NotePowerBuilder Classic を使用している場合は、[Tools]->[System Options]->[Java]をクリックし、ドライバーJAR へのパスを追加することもできます。

  2. [Tools]->[Database Painter]と進みます。
  3. JDBC のノードを右クリックし、[New Profile]をクリックします。
  4. [Database Profile Setup]ダイアログで、以下を入力します。
    • Profile Name:プロファイルのわかりやすい名前を入力します。
    • Driver Name:ドライバーのクラス名にcdata.jdbc.businessbridge.BusinessBridgeDriver を入力します。
    • URL:JDBC URL を入力します。

      When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

      To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

      • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
      • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

      Authenticate to Business b-ridge Account

      Set the following connection properties to connect:

      • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
      • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
      • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、Business b-ridge JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.businessbridge.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。以下は一般的なJDBC URL です。

      jdbc:businessbridge:InitiateOAuth=GETANDREFRESH
  5. テーブルを表示および編集するには、テーブルを右クリックして[Edit Data]->[Grid]をクリックします。

Business b-ridge をPowerBuilder Controls と共に使用する

標準のPowerBuilder オブジェクトを使用してJDBC データソースに接続し、クエリを実行できます。以下の例は、Business b-ridge をDataWindowに取得する方法を示しています。次のコードをopen メソッドに追加できます。

SQLCA.DBMS = "JDBC" SQLCA.AutoCommit = False SQLCA.DBParm = "Driver='cdata.jdbc.businessbridge.BusinessBridgeDriver',URL='jdbc:businessbridge:InitiateOAuth=GETANDREFRESH"; CONNECT USING SQLCA; dw_cdata.SetTransObject(SQLCA); dw_cdata.Retrieve();