CSA Data Uploader にてBusiness b-ridge データを、クラウドストレージにアップロード

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Business b-ridge ODBC Driver

Business b-ridgeODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからBusiness b-ridge にデータ連携。

Business b-ridge データにデータベースと同感覚でアクセスして、多様なデータに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



Business b-ridge へのライブ接続を行うデータアップロードジョブを構築

Business b-ridge 用のCData ODBC ドライバは、ODBC 標準インターフェースを利用したBusiness b-ridge へのライブデータアクセスを可能にし、使い慣れたSQL クエリで多種多様なBI、レポート、ETL ツールでBusiness b-ridge を扱うことができます 。

この記事では、Amazon S3 やGoogle Cloud Storage などのクラウドストレージへのデータプレパレーション、ファイルアップロードを得意とするCSA Data Uploader でODBC 接続を使用してBusiness b-ridge データの利用方法を示します。

Business b-ridge データへの接続

  1. まずODBN DSN に必要な接続プロパティの値を入力します。組み込みのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を構成できます。これは、ドライバーのインストール時の最後のステップでも可能です。Microsoft ODBC データソースアドミニストレータを使用してDSN を作成および設定する方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

    When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

    To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

    • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
    • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

    Authenticate to Business b-ridge Account

    Set the following connection properties to connect:

    • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
    • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
    • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".
  2. CSA Data Uploader を開いて「設定 -> ODBC」に移動します。
  3. 「追加」をクリックします。
  4. 種別を「汎用ODBC」、「データソース名」で先ほど作成したODBC DSN を選択します。

入力後、接続テストが成功すれば設定は完了です。併せて任意のデータアップロード先の接続(Amazon S3・Google Cloud Storage など)も作成しておきましょう。

Business b-ridge ジョブの構成

続いてCSA DataUploader の対象データ参照し、クラウドストレージへデータをアップロードするジョブを構成します。

  1. 「ジョブ」のページに移動して「ジョブを作成」をクリックします。
  2. 任意の名称でジョブを作成します。ジョブ種別は「データアップロード」を選んでください。
  3. ジョブは最初に入力対象となるデータを設定します。
  4. 入力種別では、ODBC 接続を選択し、データソース名で先ほど設定したODBC DSN を選択します。併せて、Business b-ridge からデータを取得するためのSQL ベースのクエリを記述します。
  5. なお、SQL でクエリ可能なテーブルはODBC DSN の「テーブル」タブで確認できます。
  6. 入力設定を保存したら、「データ表示」ボタンをクリックすることで実際にBusiness b-ridge から取得したデータを確認できます。
  7. 以下のようにプレビューが表示されれば設定はOK です。
  8. 併せて出力設定先となるクラウドストレージの情報を追加してください。
  9. 事前に構成したコネクション情報で出力先を設定します。
  10. これでジョブの作成は完了です。実行することで Business b-ridge データをクラウドストレージにアップロードすることができます。