Domo Workbench のBusiness b-ridge からデータセットを作成し、Domo からBusiness b-ridge Data に連携するビジュアライゼーションを作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Business b-ridge ODBC Driver

Business b-ridgeODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからBusiness b-ridge にデータ連携。

Business b-ridge データにデータベースと同感覚でアクセスして、多様なデータに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



Domo Workbench でBusiness b-ridge data からデータセットを作成し、Domo サービスでビジュアライゼーションを作成するには、CData ODBC Driver for Business b-ridge を使用します。



Domo は、組織全体でデータを管理、分析、また共有し、組織が戦略的な機会を逃さず判断し対応することを可能にします。Domo Workbench は、社内データをDomo にアップロードするための安全なクライアントサイドソリューションを提供します。CData ODBC Driver for Business b-ridge は、Domo Workbench をBusiness b-ridge data に連携します。Workbench で標準のSQL クエリを使用してBusiness b-ridge data からデータセットを構築し、Domo サービスでBusiness b-ridge data のリアルタイムビジュアライゼーションを作成できます。

CData ODBC ドライバーは、最適化されたデータ処理がドライバーに組み込まれているため、Domo のライブBusiness b-ridge dataとの連携に高いパフォーマンスを提供します。Domo からBusiness b-ridgeに複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作を直接Business b-ridgeにプッシュし、埋め込みSQL エンジンを利用してサポートされていない操作(SQL 関数やJOIN 操作)を処理します。 組み込みの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブのDomo データ型を使用してBusiness b-ridge dataを視覚化および分析できます。


※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

ODBC データソースとしてBusiness b-ridge に接続

まず、ODBC DSN (data source name) にて接続プロパティをまだ指定していない場合、指定します。これでドライバーインストールのステップは最後です。ODBC DSN を作成し構成するために、Microsoft ODBC Data Source Administrator を利用できます。

When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

  • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
  • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

Authenticate to Business b-ridge Account

Set the following connection properties to connect:

  • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
  • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
  • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".

DSN を構成する際、Max Rows の接続プロパティ設定が必要かもしれません。これにより返される行数を制限します。レポートやビジュアライゼーション(可視化)を設計する際のパフォーマンス向上に、とくに役立ちます。

DSN を作成したあと、Business b-ridge DSN を用いDomo Workbench でBusiness b-ridge のデータセットを作成し、そのデータセットに基づきDomo サービスでビジュアライゼーションを構築する必要があります。

Business b-ridge Data のデータセットを作成

下記の手順に沿って、CData ODBC Driver for Business b-ridge を用いて Domo Workbench のBusiness b-ridge のテーブルに基づいたデータセットを構築できます。

  1. Domo Workbenchを開きます。まだDomo サービスサーバーをWorkbench に追加していない場合、追加します。Accounts のサブメニューより、Add New をクリック。サーバーアドレス(domain.domo.com など)を入力し、認証ウィザードからクリックします。
  2. DataSet Jobs サブメニューから、Add New をクリックします。
  3. データセットジョブに名前をつけ(ODBC Business b-ridge CDATAなど)、変換方法としてODBC Connection Provider を選択、ウィザードからクリックします。
  4. 新規に作成されたDataSet Job で、Source へ移動、設定を構成するためクリックします。
  5. Connection Type にSystem DSN を選択します。
  6. System DSN に以前構成したDSN (CData BusinessBridge Sys)を選択します。
  7. 構成を確定するためクリックします。
  8. 設定にて、Query をSQL クエリに設定します。 SELECT * FROM CDATA 備考: ODBC ドライバーを利用しBusiness b-ridge data データへ接続することで、データを取得するためにシンプルなSQL の知識だけで、Business b-ridge 特有のAPI またはプロトコルを知る必要性がなくなります。
  9. Preview をクリックします。
  10. 生成されたスキーマからデータを確認し、変更を加えます。それから、保存しデータセットのジョブを実行します。

データセットのジョブを実行すると、データセットはDomo サービスからアクセス可能になります。これにより、Business b-ridge data を基にした可視化、レポート作成、そしてさらにさまざまなことができるようになります。

データビジュアライゼーションを作成

DataSet Job を保存しDomo Workbench 上で実行すると、Domo サービス上で Business b-ridge data の可視化準備が完了です。

  1. Data Center へ移動します。
  2. データウェアハウスにて、ODBC データソースを選択し、新しいデータセットへドリルダウンします。
  3. データセットを選択し、Create a visualization を選びます。
  4. 新しいカードで、下記を実行します。
    • Dimension をX Value へドラッグ。
    • Measure をY Value へドラッグ。
    • Visualization を選択。

CData ODBC Driver for Business b-ridge を利用すると、Domo Workbench でSQL だけを利用しBusiness b-ridge data に基づいたカスタムデータセットを構築することができます。そして、Domo サービスからビジュアライゼーションやレポートを構築し共有することができるようになります。