Exploratory でBusiness b-ridge データを連携する方法

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Business b-ridge ODBC Driver

Business b-ridgeODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからBusiness b-ridge にデータ連携。

Business b-ridge データにデータベースと同感覚でアクセスして、多様なデータに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



ODBC 接続でExploratory からBusiness b-ridge データにSQL でクエリ

CData ODBC Driver for Business b-ridge は、ODBC 経由でリアルタイムBusiness b-ridge Data に標準SQL での利用を可能にします。 ここでは、汎用ODBC データプロバイダーとしてBusiness b-ridge に接続し、データアナリティクスツールのExploratory (https://exploratory.io/) からBusiness b-ridge データを連携利用する手順を説明します。
Exploratory は、多くのRDB やRedshift、BigQuery などのクラウドデータストアに対応していますが、SaaS データを分析したい場合にはCData ODBC Drivers を使うことで、API コーディング不要でデータを活用できます。今回はBusiness b-ridge を例に説明します。


※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Business b-ridge Data に接続するODBC DSN を設定

ODBC Driver for Business b-ridge をダウンロードします。次にマシンにBusiness b-ridge data に接続するODBC DSN を設定します。Exploratory からはそのODBC DSN を参照する形になります。ODBC DSN 設定の詳細については、ドキュメントを参照してください。

When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

  • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
  • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

Authenticate to Business b-ridge Account

Set the following connection properties to connect:

  • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
  • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
  • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".

Exploratory 上でBusiness b-ridge のデータをセット

  • Exploratory で[コネクション]をクリックして新しいコネクションを作成します。
  • [追加]→[ODBC]の順にクリック。
  • コネクション追加画面で先ほど設定したBusiness b-ridge ODBC のDSN を設定します。
    名前:任意
    タイプ:ODBC
    DSN:上の設定したDSN 名(CData Business b-ridge Sys)
  • コネクションテストを下の地、[追加]を押して接続を確定させます。

Exploratory でBusiness b-ridge データをクエリし、データフレームとして保存

さあ、Exploratory からBusiness b-ridge データを扱ってみましょう。

  • Exploratory でプロジェクトを[新規作成]します。
  • [データフレーム]の[+]印をクリックし、[データベースデータ]を選択します。
  • データベースは[ODBC]をクリック。
  • [コネクション]で先ほど設定したBusiness b-ridge のコネクションを選択します。
  • RDB ソースの感覚でSELECT クエリでBusiness b-ridge データをクエリします。標準SQL でフィルタリング、ソート、JOIN も可能です。
  • データセットをデータフレームとして保存します。

Exploratory でのBusiness b-ridge データの分析

データフレームになったデータは通常のRDB データソースと同じようにExploratory で利用可能です。

このように、Exploratory から簡単にBusiness b-ridge データを接続して利用することができました。ODBC Driver には30日間の無償版がありますので、是非お試しください。